初めて結婚式にお呼ばれされた!ここだけはゲストが抑えておきたい基本マナー~準備編 ~

ゲスト

  • HOME
  • ブログ
  • ゲスト
  • 初めて結婚式にお呼ばれされた!ここだけはゲストが抑えておきたい基本マナー~準備編 ~

「友人から結婚するって連絡がきた!でも結婚式にちゃんと参加するのは初めてだからちょっと心配……」
結婚式には小さいころに一度出たことがあるけど、成人してからは初めて行くという方はそんな不安に駆られているでしょう。
結婚式はオフィシャルな場ゆえ、守るべき基本的なマナーがたくさん存在します。
「ご祝儀っていくら包めばいいの?いつ渡すの?」「着ていこうと思ってるドレス、マナー違反じゃないかと心配……」「友人スピーチを任された!どうすりゃいいの!?」
などなど数えきれないほどの不安が沸いてくることでしょう。
そこで今回は「結婚式での振る舞いやマナーに不安があるけれどいまさら人には聞けない……」という方のために、参列者としてここさえ押さえとけば大丈夫!というポイントを余すことなくお伝えします。
結婚式に参列する前に、ぜひご一読ください♪

1.招待状が届いたら

結婚式の招待状が届いたら、参加できるか参加できないか、いずれかの返事を返します。
新郎新婦は招待状の返事が全員届いてから席や料理の数などを用意するため、なるべく早く返事を出すのがマナーです。招待状には返信の期日が書かれていますが、期日に関わらず2~3日以内、遅くとも1週間までには返事を返すようにしましょう。もし予定の目途が立たず、返事をすぐにできない場合には新郎新婦に電話でその旨を伝えましょう。返信の期日を過ぎてもめどが立たない場合は新郎新婦に迷惑をかけないよう欠席と返事をしましょう。
招待状に早く返事を出すことで、新郎新婦へのお祝いの気持ちを伝えることができますよ♪

(1)返事の出し方

①表面のルール

はがきの表書きには宛先に相手方の住所と名前が書かれています。
「山田太郎 行」
と、宛名はこのようになっているかと思いますが、相手への敬意を示すため「行」を斜めの二重線で消し「様」と書き換えます。
二重線の代わりに朱色の筆ペンで「寿」と消すのもOKで、おめでたい雰囲気を醸し出せます!これを知っていれば上級者!?なかなか粋ですね!

次に自分の名前と住所の箇所です。
「御住所」「御芳名」などと書かれている場合は「御」「御芳」の文字を消します。
文字の消し方ですが、「行」「御」などの1文字を消す場合は二重斜線を引き、「御芳」などの2文字以上の文字を消す場合は縦の二重線で消すと覚えておいてくださいね。

②出席の場合

出席する場合は、出席に丸を付け、「御」を斜線で消します。そして「御欠席」の文字を縦の二重線で消します。

そしてここがポイントです!
返事を出す際には丸を付けるだけではなく、余白部分にお祝いのメッセージや招待していただいたことへのお礼を添えましょう。
招待状にスピーチや受付、余興を依頼された手紙が同封されていた場合は、快く引き受ける言葉も添えるとなお好印象ですよ。

・出席の場合のメッセージ例
「ご結婚おめでとう!2人の新しい門出に招待してくださってありがとう。○○(○○さん)の晴れ姿楽しみにしています!」
「この度はおめでとうございます。結婚式の準備で忙しいと思いますが体調に気を付けてね。お招きありがとうございます!」
「ご結婚誠におめでとうございます。お招きいただきありがとうございます。喜んで出席させていただきます」

メッセージのポイントは自分と新郎新婦との間柄に気を付けて返事をすることと砕け過ぎた文章にしないこと。
いくら自分と新郎新婦が親しくてもご両親が目を通す可能性があります。そのことを考えた上でメッセージを書くようにしましょうね。

③欠席の場合

やむを得ない理由で欠席する場合は欠席に丸を付け、「御」を斜線で消します。
そして「ご出席」の文字を縦の二重線で消します。
欠席の場合はお祝いのメッセージと欠席の理由を書き添えましょう。
注意する点は欠席の理由の書き方。「多忙のため……」「忙しく……」などの言葉はせっかくお誘いいただいた新郎新婦に失礼なのでやめましょう。
また、病気や身内の不幸などで式に出席できない場合は具体的な理由は書かず「やむを得ない事情により……」と濁すのがマナーです。

・欠席の場合のメッセージ例
「ご結婚おめでとうございます。とても楽しみにしていたのですが海外出張と重なってしまいどうしても伺うことができません。お二人の幸せをお祈りしております」
「ご結婚おめでとうおめでとうございます!お招きいただき心より御礼申し上げます。残念ですがやむを得ない事情で出席がかないません。末永い幸せを願っております」

欠席する場合は祝電やレタックスなどで新郎新婦にお祝いの気持ちを伝えましょう。
最近ではバルーンやぬいぐるみつきのものやマシュマロ電報などというユニークでかわいいものも♪
新郎新婦の好みに合わせて電報も選ぶときっと喜んでもらえることでしょう!

2.結婚式までに準備する服装

(1)男子編

ブラック(ダーク)スーツにネクタイを締めます。

・選ぶべきスーツ

ビジネスで着用しているスーツを着ていくのはNGです。礼服は慶事と弔事両方に使えるので、大人のあなたは一枚は持っておきましょう。
スーツは黒や紺色のものにします。カジュアルすぎるスーツやシルクやサテン地のもの、茶色などの派手な色は新郎より目立ってしまうので避けましょう。

・ネクタイ

ネクタイは黒はNGです。白にするのが最も一般的ですが、最近はゲストのネクタイの色も多様化してきました。派手な色は避け、シックな色合いのネクタイやパステルカラーの上質なネクタイを選びましょう。

・シャツ

シャツは白色を選び、柄は無地のものが無難です。おしゃれ上級者な人は記事が織り込んであるような柄のシャツもフォーマルな装いの中に華やかさが添えられて素敵ですよ。

・靴・靴下

靴は「ストレートチップ」と呼ばれる穴の空いていない靴ひもがまっすぐ通されていた黒い靴を選ぶのが結婚式において一番正式な靴です。
ただし、ゲストであれば靴ひもを通しちょうちょ結びをした「プレーントゥ」と呼ばれるもっとも一般的な形をしている靴でもOKです。
気を付けたいのはつま先に穴のあいたデザインの靴。おしゃれですがカジュアルな印象の靴の為、結婚式にはふさわしくないといわれています。

また女性と同様、殺生を連想させる動物の皮を連想させるデザインの靴やハイカットのブーツのような靴はNGです。
靴下は黒い靴下を着用しましょう。
白い靴下や派手な色や柄の靴下、くるぶし丈の靴下は結婚式の席ではふさわしくないので避けましょう。
靴下は見えないと思うかもしれませんが、席に座ったときに意外と見えるところでもあります。
ちらりとさりげなく見えるところも気を使ってこそ素敵な大人です。

・おしゃれなアクセサリ

さらに結婚式らしい華やかさを加えたいならばカフスやポケットチーフをプラスしてみましょう。
ポケットチーフはフォーマルウエアには必須アイテム。
ホワイトのチーフが基本ですが、白に近いシルバーでもOKです。
カジュアルな結婚式であれば他の色でもOKなことも!

迷ったときはネクタイの色と同じ色にすると間違いがありません。
おり方は三角がポケットから3つ見える「スリーピークス」という折り方が一般的。
ネット気もおり方は載っているのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

(2)女子編

過度な露出を避けたパーティドレス、もしくは振袖や訪問着を着用します。

・パーティドレスの選び方

細かくは昼と夜でイブニングドレスやアフタヌーンドレスなどの違いがありますが、最低限のルールを守ればOKです!
上品なワンピースやパンツスタイルのドレスも最近は人気があります。

花嫁の色である白のドレスをゲストが着るのはマナー違反です。
また、白に近いパウダーカラーのドレスも光の当たり方によっては白っぽくみえることもあるので避けた方が無難でしょう。

反対に黒一色のドレスも喪服っぽくなってしまうので不可。
また、胸元の大きく空いたドレスやオフショルダーのドレス、肩のストラップが細く肩が露出するドレス、ミニ丈のドレスはNGです。

どうしても白っぽいドレスを着たい場合は濃い色のストールを巻いたり、ボレロやジャケットを着たりと工夫することでこの「花嫁被り」事態を回避できます。
同様に黒いドレスの場合は明るい色の羽織りものを合わせましょう。

靴はヒールのあるパンプスを選ぶこと。ブーツやサンダル、オープントゥパンプスはカジュアルな印象になるので避けましょう。
また、蛇革や虎柄などの動物の革や柄は「殺生」を連想させるため結婚式には縁起がよくないとされています。
結婚式用に新しく靴を買う時は、パーティ用の華やかなものを選ぶとよいでしょう。
そして、フォーマルな場なので生足は厳禁!必ずベージュのストッキングを履きましょう。黒やカラータイツはNGです!
もし「平服で」と言われた場合もいわゆるカジュアルな普段着を着てはいけません。
「平服=略礼装でかまいませんよ」ということなので、洋装ならドレッシーなワンピース、和装ならつけさげや色無地の略礼装を着ていきましょう。

・着物の選び方

着物にはたくさん種類があります。
ゲストとしてお呼ばれした時に着る着物は振袖か訪問着、つけさげと呼ばれる着物です。
言わずもがな、浴衣は着て行ってはいけませんよ!

あなたが未婚の場合は振袖を着ることができます。「成人式で着た振袖は着ても大丈夫?」と尋ねられる方も多いですが、大丈夫です!
結婚式で花嫁が着るのは特別な振袖。
被ることはないので安心してくださいね。
訪問着やつけさげは未婚でも既婚でも着ることができる便利な着物です。
着物の格も高いので、結婚式にもぴったり!
着物で迷ったらレンタル着物店や着付け師さんに聞いてみましょう。
きっとTPOにあった素敵な着物を用意してくださることでしょう。

・アクセサリー編

ゲストがつけてはいけないものは生花と一連のパールネックレス。
生花をつけてはいけないのは、生花は花嫁だけがつけられるという暗黙のルールがあるからです。

一連のパールネックレスがダメなのは、葬儀用のネックレスを連想させてしまうため。
パールネックレスをつける時は二重付けにしたり、一粒のパールネックレスにするなどすると「喪服感」が出ませんよ。

3.ご祝儀

ご祝儀とは、新郎新婦への結婚のお祝い金のこと。
本来であれば挙式の1週間前に新郎新婦宅へ直接届けるのが正式なマナーとなっていますが、現在は結婚式の当日に受付で手渡すことがほとんどです。

(1)金額

ご祝儀の金額は自分と新郎新婦との間柄によって異なります。
詳しくは以下のようになります。(※新郎新婦が○○の場合)
金額については縁起が良いとされる奇数が基本と考えますが、”二重の喜び”という意味をもつ2や”末広がり”の8も縁起が良く良しとされています。
また、奇数ですが9は”苦”を連想させるのでNGです。

・友人の場合:2万~3万円
・同僚・上司:2万~3万円
・部下:3万円
・兄弟・姉妹:5万~10万円
・いとこ:3万~5万円
・甥っ子・姪っ子:5万~10万円

(2)ご祝儀袋

ご祝儀袋は金額に会ったものを選びます。
水引は金銀・赤白の「結びきり」というものにします。
”ほどける”という意味合いのちょうちょ結びの水引は結婚式には縁起が悪いのでNGです。

披露宴に持参するときにはふくさに包み、受付の前でふくさをほどき、ふくさに載せたまま手渡します。

(3)欠席するときは

披露宴に欠席する場合や招待されていない場合は、出席する場合のおよそ3分の1ほどの金額を贈るか、同額のお祝いの品を送りましょう。
現金を郵送するときは必ずご祝儀袋に入れたまま現金書留で送ります。
ぜひお祝いのメッセージも同封して♪

(4)こんなときどうする?

・夫婦で結婚式に出席する

お祝い金の金額は2人分ご祝儀袋に入れます。
2万円ずつ包むと偶数で不吉な4万円になってしまうので5万円などにして調整しましょう。

・会費制の披露宴の時

会費がお祝い金を兼ねているのでご祝儀は必要ありません。
もし別途お祝い金を送りたいのなら、新郎新婦が築かわないような程度の金額の品物を送るようにしましょう。

invitation

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は結婚式へ行くまでに準備しておくことについて基本的なポイントをご紹介いたしました。
初めて結婚式に行く方はきっとたくさん不安をお持ちだと思います。
今回の記事が結婚式に初めてお呼ばれされた方の少しでも参考になれば幸いです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。