bride

結婚式当日美しい花嫁になるために!笑顔・所作などの花嫁修行マニュアル

一生に一度の晴れの日。しかしほぼ全てのことが初めてだらけの本番一本勝負の結婚式。
そしてこの先これ以上ないほどフラッシュを浴び、沢山の写真と映像に記録される日でもあります。
そうは言っても当日が近づくにつれてどうしても緊張してしまうのは当たり前の話。
それでも、大切な家族やゲストの前で素敵な笑顔、美しい振る舞いをしたい!というのは全花嫁の願いでしょう。
結婚式に向けてちょっとした知識を持つことで当日の印象はもちろん、自分自身の緊張感も緩和されてくるもの。参考にしてみてください。

1、美しい笑顔のお手本はオードリー・ヘプバーン

audrey

花嫁が理想とする美しい笑顔は気品漂う魅力的な笑顔。
その理想とする笑顔は誰もが知る「ローマの休日」のアン王女のあの笑顔。気品・洗練・魅力においてこの総合的なバランスで圧倒的な美しさを放っていると言われているのです。

ではこのオードリースマイルを誰でも簡単に身につけるための3つのポイントをお伝えします。

(1)ポイント1:左右の口角と頬を、キュッと均等に上げる

そもそも良い笑顔の定義というのは具体的に

一般的に、“いい笑顔”とは、左右の口角が同じ高さに上がっていて、上の歯が左右にそれぞれ6本ずつ見えている状態

引用元:http://zexy.net/mar/edit/beauty/beauty_bn/bk11.html

と、言われています。
どういうことかというと、上記のオードリーの写真に見られるように、口角が左右対象に上むきに上がりそれとともに頬の一番高いところが鼻の横までキュッと上がっている状態のことを言います。

いざやってみると片方だけ上がってしまう人も多いもの。その原因の多くは、普段の生活にあります。
食事やガムなどを決まった方で噛む、同じ方向ばかり向いて寝るなどしていませんか?また、荷物を持つ時、信号待ちの時、どちらか片方だけよく使い、どちらか片方だけ負担が掛かりすぎているということはないでしょうか。
笑顔が偏ってしまう原因は顔の使い方だけでなく全身の使い方に関係します。
普段なにげない仕草から自分の癖を思い出して意識しながら改善してみるといいでしょう。

また、頬をキュッとあげることだけを意識をしてやってみるとぎこちない感じがする方もいるのでは?
この口角と頬をキュッとあげるには大頬骨筋という顔の筋肉がきちんと動いていることが必要です。

face-model
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20130315/148301/?rt=nocnt

この大頬骨筋が衰えていると口角が上がりずらく、口周りの動きがスムーズにいきません。

鏡を見て、「せ」と言ってみましょう。頬の一番高い部分が上に上がりますか? もし、上がらなければ、すでに頬の筋肉が衰えている証拠。あなたは大丈夫ですか?

引用元:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20130315/148301/?rt=nocnt

しかしご安心を、マッサージやエクササイズやトレーニングで動きは改善されていきます。

毎日結婚式まで左右の口角が均等に上げ、頬がキュッと上がっている状態をキープするトレーニングをするだけで大頬骨筋は鍛えられていきます。
この笑顔の筋肉があなたの顔に馴染むまで1ヶ月かかると言われています。
マスクをしながら通勤電車の中で、テレビを見ながらなど、気軽に続けてみてくださいね。

また、結婚式の準準備中というのは忙しさから気持ちに余裕がなくなり笑顔が減ってしまいがち。
無理に笑顔の表情をつくることで脳が「今楽しい!」という錯覚になり気持ちも自然と上向きになっていってくれます。
楽しいことを待つより自分がそれを呼び込んで心から今を楽しむことも素敵な笑顔を作る上での大切なポイントと言えますね。

ちょっと疲れ気味になってきている花嫁さんもぜひ無理やりにでも笑顔を作る練習をしてみることをおすすめしますよ。

(2)ポイント2:上の歯しか見えていない

上記のオードリーの笑顔はもちろん、普段テレビに出ているアイドルや女優さん、雑誌のモデルさんの笑顔を今一度見てみてください。その笑顔は皆、上の歯しか見えていないことに気がつきます。(もちろん例外もあります)

つまり気品溢れるオードリースマイルは口角と頬を均等に上げることと共に、上の歯のみ見せるということも大事なポイント!

mouth-corner

口角を上げすぎで歯茎が見えてしまったり、口を閉じたまま口角を上げて見ても魅力的に見えません。
また、下の歯をみせてしまうと幼く見えてしまったりと気品のある笑顔からは程遠いものになってしまいます。

結婚式というのは正面からだけではなく、むしろサイドから多く写真を撮られるもの。
そのときに上の歯が綺麗に出ている状態は横からの写真写りも美しいんですよ。

また、笑顔がつくるときに口元が硬くて作りずらい原因にお肌の乾燥も挙げられます。
お肌が生まれ変わるには28日間必要だと言われています。
また、年齢とともに新陳代謝も低下し、大人花嫁世代の30代から40代は45日程度はかかるそう。
皮膚が保湿され柔らかくなると表情も柔らかになるとともに法令線も目立たなくなるなど良いことだらけ。
即効性はないので気持ちがめげてしまいそうですが最低でも結婚式の1ヶ月半ほど前からまずは食生活と睡眠を見直してみてください。
そしてスキンケアは特別なことはいりません。
保湿を念入りにすることで1ヶ月後の肌状態がずいぶん変わっていると感じることができますよ。

(3)ポイント3:目に無駄な力が入っていない

オードリースマイルを習得するために口元だけでも意識することが沢山ありますが、目元が綺麗に笑っていなければ全ては台無しに・・・。

理想とするは程よく力の抜けた目元。
さらには一緒に眉毛もリラックスして上がらない(むしろ下がり気味)のが魅力的。

eye

カメラを向けられると顔がこわばって目を見開いて力んでしまったり、シャッターと同時に思わず目を閉じてしまったした経験はありませんか?
そういう場合はだいたいシャッターを切られるずいぶん前からカメラに対して緊張しているんです。

それを防ぐにはシャッターを切る直前まで目を閉じたり、レンズの向こうに好きな人やものを想像するとリラックスした表情が作れるので試してみましょう。

ただし、笑いすぎて目が細くなってしまうのも気品のある笑顔とは言えません。
多くのゲストに囲まれて心から湧き出るような笑顔弾ける花嫁ももちろん素敵ですし、それを見たゲストも幸せな気持ちになれるもの。
しかし結婚式はいわゆるフォーマルな場。
改まったシーンでは口元も目元も上品な笑顔を心がけてみてくださいね。

2、すべての動作はゆったり姿勢良く

ウェディングドレスを纏ったなら、何事にもゆったりした動作で行うように心がけましょう。

(1)まずは表情

普段、キビキビと活発に動く女性ならゆったり表情を作ってみるだけで十分美しい印象になるんです。
結婚式当日、緊張してしまって自分がどんな表情をしているのさえわからなくなることもあるかもしれません。
そんな時は、とにかく一呼吸おいてゆったりした気持ちと表情で十分気品溢れる魅力的な花嫁になるものなのです。

(2)次に動作

笑顔や表情でひとに与える印象が大きく変わることがわかりましたが、笑顔の奥深さよりも深いものが花嫁の所作。

一つポイントを挙げるとするならばとにかく腰を意識し、伸ばした状態でいること。そうすれば自然に姿勢も整ってきます。
そして実は人はゆったりと動くものに目が惹きつけられると言われています。
常にを正した状態でゆったりとした動作で動くだけで当日は主役らしい気品溢れる立ち振る舞いをすることができるはずです。

これだけではありません。

(3)拍手をする時

胸元でゆっくりと手を動かしましょう。
音は出す必要はありません。
階段の上り下りはドレスを少し持ち上げて。
椅子に腰掛ける時は浅めに座ることで自然に綺麗な姿勢を保つことができます。
新郎と並んで歩く時は半歩後ろを、お辞儀をする時は頭をさげるというよりも腰を折るイメージ。
さらにはブーケ位置に歩き方、立ち上がる時、振り向く時などなど、突き詰めていけばきりがないもの。

でも難しいことは考えなくて大丈夫!なによりゆったり構えてリラックスした状態でいることを心がけてみてください。
リラックスしていれば周りにもそれが伝わり、自然と新郎やゲストも笑顔が広がります。

また、当日は「非日常」の連続であることに緊張感を覚えますが、常に横には介添さんがおり良いタイミングで細やかな心配りをしてくれるのでご安心を。

3、メイクで変わる!ソフトな印象の作り方

結婚式はいつものメイクを少し工夫するだけで笑顔の印象を変えることができます。
その名もずばり「笑顔メイク」!あなたの笑顔(微笑)にそってメイクをしてみましょう。
笑ってメイクをすると笑った時に笑顔とフィットして笑顔の魅力が倍増!では笑顔メイクはどのようにしたら良いのでしょう?
パーツごとに具体的に説明していきます。

(1)チーク

笑った時に頬が高くなった位置に丸くぼかしながら入れましょう。
笑顔を作ったとくに顔の動きがより目立ち、魅力的な表情に変わります。

(2)口紅

口角が上がった状態をキープしながらそのままなぞるようにリップラインを描いてから塗っていきましょう。唇を「え」という形にすることで口の端までしっかり塗ることができますよ。

(3)眉

とくに注意したいのが眉。普段キリッとした眉を好んで描いている人も結婚式は緩やかなカーブを生かした柔らかいラインの眉毛を作ってみましょう。そして比較的薄めの色合いでとくに眉頭を淡く描くのがポイント。花嫁の場合、強い印象の眉ではせっかくの魅力が半減してしまうのです。

とは言っても結婚式でメイクを施してくれるのはプロのヘアメイクさん。
伝えなくてもわかってくれている方が多数かと思いますが、ヘアメイクのリハーサルの段階でソフトな印象になるよう伝えておくことも大切です。

4、すべては自信をもつことから。

ここまで具体的に花嫁らしい表情や動作をお伝えしてきました。
紐解いてみれば一つ一つは難しいことではないかもしれません。そうは言いながらも普段慣れないことをしなければいけないというイメージから不安が拭いきれない部分もあるでしょう。

しかし、ここまでこの記事を読んだ花嫁様はすでに予習ができています。
あとはあなたが自分を信じること、「自信」を持つことだけです。

当日でも前日でも構いません。
今回学んだことを是非一度鏡の前で試してみてください。

オードリースマイルにメイク、動作にブーケの持ち方から腕の位置。全体のバランスをみて自分自身で納得することが自信に繋がります。

また、女性の自信はお肌のコンディションで決まると言っても過言ではありませんよね。
結婚式の3日前からは特に予定も入れず、リラックスしてよく眠ること!これに尽きます!
ちょっとできてしまったニキビ、お肌のざらつき、3日あればまだ間に合いますから。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
どの花嫁にも共通して言えるのが、結婚式当日になると不思議と表情や動作が美しく輝き、身のこなしが優雅になるのです。

こう言ってしまうととても無責任に聞こえますが、当日は誰でも花嫁スイッチが入るということ。ウェディングドレスを着ているからなのか、今日は「花嫁になる」という意識がそうさせているのかは定かではありません。

ですから、「ゆったりした動作」をするということだけは忘れずに、当日に花嫁スイッチが入ることを信じて素直な気持ちで当日を迎えるのが一番であることだけはお伝えしておきたいと思います。

また、先にもお伝えしたように介添さんやプランナーさんが当日や前もって不安や疑問を解消してくれるもの。

ただし、近年増えてきた友人が介添を務める欧米式のブライズメイドのスタイルで結婚式をするのであれば介添えさんなどのプロが不在という状況。

そんなカップルは前もって結婚式での表情作りや動作の方法を身につけておく必要があります。
360度どこから見てみても誰もが見惚れるような美しい花嫁になるために笑顔と所作の花嫁修行を初めてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング