ホワイトニングで歯も純白に!歯が黄ばむ3つの原因とは!?

その他

ブライダルで歯のホワイトニングを検討する人はエステ、脱毛に次いで多いです。
純白のドレスを着ると歯の黄ばみが目立ってしまうので、歯のホワイトニングを考えるのでしょう。

自宅でホワイトニングする方法や、時間がない人でもすぐに効果を実感できるホワイトニングもあります。
結婚式は真っ白な歯にして、準備万全で迎えましょう!

今回はホワイトニングについてご紹介します。

ホワイトニングとは!?

歯のホワイトニングとは過酸化水素などの薬剤を使って歯を漂白し、黄ばみをとり除き白い健康的な歯にすることです。

ホワイトニングにはいくつか種類がありますが、歯が黄色くなる原因によってはホワイトニングをしなくてもよい場合があります。

(1)歯が着色する原因

歯は黄色の象牙質と、それを覆う半透明のエナメル質で構成されています。
光の反射で白い歯に見えていますが、歯の表面のエナメル質が薄くなったり、汚れが浸透したり、代謝が悪くなることで歯が変色しやすくなります。

歯が黄ばんだり、茶色くなったりする着色は3つの原因が考えられます。

1.汚れ

歯の着色汚れには表面の汚れと、内部まで浸透した汚れがあります。

表面の汚れは、色の濃いもの(ワイン、コーヒー、チョコレートなど)や、タバコによって歯の表面に着色したものです。
この場合ホワイトニングをしなくても、普段の歯磨きや歯科医院でのクリーニングで改善できます。

内部まで浸透した汚れは、ワインやコーヒーなどの汚れが経年により浸透し、落ちにくくなったものです。
この場合は汚れが深部まで染み込んでいるため、クリーニングでは対応できずホワイトニングをすることになります。

2.加齢

肌や髪のように歯もまた年をとることで歯が黄ばんできます。
加齢により歯に栄養が行き届かなくなったり、象牙質の黄色味が濃くなったりするためです。
加齢による黄ばみはホワイトニングで白くできます。

遺伝

歯の色は遺伝に影響され、家族と似た色になることが多いです。
遺伝による黄ばみもホワイトニングで白くできます。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング、セルフホワイトニングという4つの方法があります。

(1)オフィスホワイトニング

歯科医院やホワイトニング専門歯科に通って歯を白くする方法です。
歯を漂白する過酸化水素などの薬剤は医療機関でしか取り扱えません。

オフィスホワイトニングでは、濃度が高めの薬剤を使用し、効果が早く実感できるようにしています。

オフィスホワイトニングのメリットは効果の実感が早いことです。
ブライトホワイトという施術は、特殊なホワイトニングジェルとライトを使用し1回の施術で歯がぐっと白くなります。

また、施術はスタッフが全て行ってくれるので、手間がかかりません。

デメリットはコストが高いことと、白い歯を維持するために3カ月~6カ月ごとにメンテナンスする必要があります。
もちろんその都度費用がかかります。

使用する薬剤によっては、強くしみたりする場合があります。

(2)ホームホワイトニング

歯科医院などでマウスピースと薬剤をもらい、自宅でホワイトニングする方法です。

ホームホワイトニングのメリットは、自分で行うのでいつでも好きな時にできて、歯の白さも調整できることです。
薬剤があれば繰り返し使えるので、メンテナンスも気軽にできます。
費用はオフィスホワイトニングより少し安いです。

デメリットは、安全性を重視してクリニックで使う薬剤よりの低濃度の薬剤のため、効果を実感するのに時間がかかります。
誤った使い方では、効果が実感できないことがあるので注意が必要です。

(3)セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとはサロンに行き、自分でホワイトニングする方法です。
エステサロンのようなお店でくつろぎながら、自分で歯を磨き、薬剤を塗布し、ライトを使用することもあります。

メリットは、エステサロンのようなリラックスした雰囲気のサロンが多いので、歯科医院の雰囲気が苦手という人にはよいでしょう。
また、費用も5,000円程度と他のクリーニングに比べると安いです。

デメリットは、歯科医院などの医療施設でないため、スタッフは資格を有する必要がなく、使用する薬剤も医薬品ではないので歯のホワイトニング効果はあまり望めません。
歯の汚れを落とし、本来の歯の色に近づけることを目的としているといってよいでしょう。

(4)デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを合わせて行うホワイトニングで非常に効果が期待できる方法です。

歯科医院でオフィスホワイトニングをした後に、ホームホワイトニングを自宅で続けます。

メリットは自宅でも薬剤を使用するため、オフィスホワイトニングだけではなかなか難しい真っ白な歯に近づくことができます。
また、定期的にケアすることで歯の色が戻りにくくなります。

ホームホワイトニングをしっかりしていれば、歯科医院に通う頻度が減るので、忙しくて歯科医院に通えない人、時間がない人にも向いているでしょう。

デメリットは、費用が高くなります。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方の薬剤を使用していくので、痛みが生じやすくなります。
また食事には常に気をつける必要があります。

歯科医院でのホワイトニングのながれ

まずは予約を必ずしましょう。
かかりつけの歯科医院があれば、そこでもよいのですが中には、ホワイトニングを行っていないところもありますので確認が必要です。

ホームページやネットの口コミなどを参考にしましょう。
「ティースアート」、「ホワイトエッセンス」などのホワイトニング専門歯科は、患者数が多いので熟練のスタッフも多いでしょう。
「ホワイトラボ東京」は、ブライダルコースもあるので気になる人は確認してみてください。

人気の歯科は予約が取りづらかったり、時間が押したりすることがあるので余裕をもって予約しましょう。

(1)オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの施術の流れは、来店後に問診票を記入し、カウンセリングを受けます。
自分の歯の色を確認して、希望する歯の色を伝えましょう。

歯を診察して、ホワイトニングができるかを確認します。
虫歯や歯茎に炎症がある場合は、大体ホワイトニングを断られます。
その際は歯の状態が落ち着いてからホワイトニングをするか、どうしてもお願いしたい場合は医師に相談してみましょう。

ホワイトニングができる場合は、歯の表面の汚れを取ってからホワイトニング剤を塗布していきます。
歯の汚れがひどい場合はクリーニングのみで、日を改めて施術することがあります。

薬剤を塗布した後、薬の効果を高めるためにLEDなどのライトを歯にあてます。
これを2~3回繰り返します。

その後、口腔内を洗浄し保護のためにフッ素ジェルを塗ります。
およそ1時間~2時間の施術ですが、白さをキープするためには3回ほど通う必要があります。

(2)ホームホワイトニング

オフィスホワイトニングと同様のながれで、クリーニングまでしてもらい、歯の型を取りマウスピースを作ります。

およそ1週間でマウスピースが出来上がるので、再来院し薬剤も一緒に受け取ります。

自宅で歯磨きをした後にマウスピースに薬剤を入れて、マウスピースをはめます。
薬剤の浸透する時間に違いがありますが大体2時間くらいで完了です。
マウスピースを外して、口腔内とマウスピースの薬剤をしっかり落としましょう。

ホームホワイトニングは基本的に毎日行います。
1週間~2週間程度で効果を実感できるでしょう。

(3)デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングと同じ施術を受けた後に、ホームホワイトニングと同じお手入れをして、メンテナンスしていきます。
早い人だと2週間で歯がだいぶ明るくなります。

ホワイトニングにかかる費用とは?

(1)オフィスホワイトニング

1回20,000円~50,000円程度が多いです。
ホワイトニング専門クリニックではもう少し安くなりますが、相場よりずっと安い場合は、使っている薬剤が医薬品ではない場合があるので、注意しましょう。

ホワイトニングはスタッフの技量によるものが大きいので、施術に慣れたスタッフに担当してもらうのが安心です。
歯科医院の場合は、ホワイトニングの経験の浅いスタッフが担当することがあるので、よく確認しましょう。
心配な人はホワイトニング専門クリニックがよいでしょう。

(2)ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは1回20,000円~40,000円程で、マウスピースと2週間1カ月の薬剤がもらえます。
追加の薬剤は10,000円程で購入できます。

ホワイトニングの費用で注意したい点は、上記料金の他に、診察料(自由診療になるので保険外)、クリーニング代、コーティング代などがかかる場合があります。

本数限定でホワイトニングをする場合は、その数をオーバーすると別途料金がかかりますので、注意してください。

(3)セルフホワイトニング

セルフホワイトニングの費用は1回5,000円程度なので、歯の漂白というより歯の表面の汚れでお悩みの人にはリーズナブルでよいでしょう。

ただし1回で終わりではなく、コースを組まされる場合があるので、高額なコースを契約することのないように気をつけましょう。

(4)デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングの費用は50,000円~100,000円と高いです。
しかしながら、真っ白な歯に憧れがある人は試す価値はあるでしょう。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングが効果的な歯は、神経の生きた自分の歯です。
詰め物や被せ物には、効果がありません。
神経がない歯を白くするには時間がかかり、白さも思い通りにならない場合があります。

強い濃度のホワイトニング剤は、痛みを生じる場合があります。
痛みを感じた場合は無理をしないようにしましょう。

相場より安いホワイトニング歯科では、漂白効果の弱いポリリン酸などを使用してホワイトニングと謳っていることがあります。

また、初回の安さにつられてしまうと効果が十分得られない場合があります。
1回の施術時間が短く、結局何度も通うことになったり、高額なコースを組まされたりすることがあるので、気をつけましょう。

オフィスホワイトニングでは、不慣れなスタッフが担当して痛みやムラになるケースもあります。
ホワイトニングの施術件数は多いのか、熟練のスタッフがいるのかなど、安心して通える歯科医院か確認しましょう。

普段の歯磨きで力を入れすぎ、磨きすぎは避けてください。
歯磨き粉に含まれる研磨剤で、歯の表面が削れてそこに汚れが染み込みやすくなってしまいます。

ホワイトニング中は濃い色の食べ物には注意しましょう。
ワイン、チョコレートなどに含まれるポリフェノールは歯を黄ばみやすくする性質があります。
どうしても口にしたい場合は、飲食後に口をゆすぎましょう。

ホワイトニングできない歯には・・・

神経がない歯や詰めた歯があると、白くならずに全体的にムラができてしまいます。
そんな時は以下の方法を試してみましょう。

(1)セラミック

歯を削って、陶材であるセラミックを被せる方法です。
セラミックは体に馴染みがよく、好みの歯の色にある程度調整ができます。
歯並びの悪さや、歯と歯の隙間などもセラミックで直すこともできます。
保険が適用外なので、高額になりがちです。

(2)ラミネートベニア

歯の表面を削って、チップのような薄い人工歯をつける方法です。
削るのが表面のみなので、セラミックよりは歯への負担が少ないです。
強い歯ぎしりや噛み締めによって、破損する場合があります。
こちらも保険が適用外で、1本100,000円程度します。

(3)歯のマニキュア

ホワイトコートと呼ばれるもので、爪のマニキュアと同じように歯に専用の白色塗料を塗り、光をあてて固めます。
効果は1カ月程度で、1本3,000円程します。

(4)ブライトホワイト

歯科医院の中でも認定された施設でしか取り扱えないホワイトニングシステムです。
1回で真っ白な歯へ近づくことができるため、神経がない歯にも効果的です。
費用は1回60,000円~です。

tooth-whitening

まとめ

歯についた汚れや着色には生活習慣が表れます。
歯にたまった歯石は、歯磨きではなかなか落ちません。

表面の汚れを落とすだけでも見た目が変わりますので、この機会に歯科医院に行ってみてくださいね。

白い歯は清潔感があり、人に与える印象がぐっとよくなります。
結婚式では純白のドレスに似合う最高の笑顔を印象付けられるでしょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧