Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/cute-wedding/cute-wedding.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
結婚式までにお尻痩せ!3ステップのエクササイズで目指せ美尻と美しい後ろ姿! – 結婚式のムービー、写真、エンドロール、ドレスの情報発信をするCute-Wedding

結婚式までにお尻痩せ!3ステップのエクササイズで目指せ美尻と美しい後ろ姿!

花嫁

  • HOME
  • ブログ
  • 花嫁
  • 結婚式までにお尻痩せ!3ステップのエクササイズで目指せ美尻と美しい後ろ姿!

20代後半~30代になると、お尻のハリがなくなってきて、垂れてきたと感じる人もいるでしょう。

気になってダイエットを頑張っても、意外とお尻周りのサイズダウンは難しかったりします。

今回はそんなお尻の悩みと簡単にできるお尻痩せエクササイズの方法をご紹介します。
美尻になって、後ろ姿に自信をもちましょう!

【1】お尻の3つの役割

model

お尻には筋肉の中で1番大きい大殿筋があり、身体を支える重要な役割をもっています。

身体の上半身が前に傾いたりしないように股関節が支えていますが、その働きを助けているのが股関節周りにある大殿筋です。

大殿筋がないと股関節だけで支え続けることが難しくなり、姿勢が悪くなったり、猫背になったりします。

また左右のバランスをとる働きもしています。普段まっすぐに歩けるのもお尻の働きのおかげといえるでしょう。

また、股関節だけでなく膝の関節などの関節を守る働きもしています。
階段の昇り降りや、ジャンプをすると膝に負荷がかかりますが、実はその負荷をお尻が軽減しています。

つまりお尻の筋力を鍛えることはヒップアップ効果だけでなく、スタイルがよくなり、ダイエット効果も期待できるでしょう。


【2】20代後半~30代はお尻周りに脂肪がつきやすい!!

buttocks2

女性には太りやすい時期があり、20代後半~30代は、その太りやすい時期の1つです。
その理由として、妊娠、出産の準備のため女性ホルモンの分泌が多くなるからです。

他には、思春期、閉経期が太りやすい時期とされています。

そしてこの時期は、特にお尻周りに脂肪がつきやすいのです。
理由は先述のとおり妊娠、出産の準備として、身体が下半身に脂肪をためようと働いているからですが、このときについた脂肪を落とすのが非常に大変です。

ダイエットをするとまず、内臓脂肪から燃焼していき、次に皮下脂肪が減っていきます。
身体に不要な脂肪から減っていくのですが、お尻周りの脂肪が減る順番は女性の場合、ほぼ最後です。

実はお尻はすぐ脂肪がつきやすく、そして脂肪が落ちにくい部位だったのです。
いったんついたお尻周りの脂肪を落とすには、お尻の筋肉を増やさなければいけません。


【3】理想のお尻のサイズとは?

buttocks3

自分のお尻のサイズを測ってみたことがありますか?
お尻の1番高い部分にメジャーをあてて簡単に測れますので、まず試してみてください。

理想のお尻のサイズは身長×0.5とも言われていますが、ワコール人間化学研究所によると、体のバランスを重視する傾向にあるようです。

ウエストを1とすると、ヒップトップは1.4がバランスのよいヒップとなります。
30歳の平均ウエストサイズが65センチと言われているので、ヒップサイズでは91センチがバランスのよいヒップと言えます。


【4】お尻の悩み

buttocks4

女性らしさを現すお尻ですが、20代後半~30代を悩ますお尻の悩みとはどのようなものがあるでしょうか。

(1)お尻のたるみ、ハリがない

お尻の高さがなくなり、下がってきた。
太ももとの境目がなくなってしまった。
若い頃に比べて、弾力がなくなりお尻の皮が少し伸びる。

(2)お尻が潰れている

お尻が平面的になっている。
横に広がって潰れているようだ。

(3)お尻が固い

お尻が固く、冷たくなっている。
凝っている感じがする。

(4)お尻が大きくなった

脂肪がついた。
骨盤がゆがんでいる。
お尻が四角くなったように感じる

(5)お尻のザラつき、黒ずみ

お尻がザラザラしていたり、プツプツと湿疹が出ていたりする。
お尻が黒ずんでいる。


【5】お尻の悩みの原因と対策

buttocks5

きれいな丸みがあり、引き締まって上向きのお尻は憧れますよね。
でも、皆さん若い頃はこのお尻だったはずです。

しかし加齢と様々な原因が重なり、お尻の悩みは誰しも出てきます。
ワコールによると、20代からお尻のたるみが始まっているとのデータがあり、しかも約半数の人がそうだというから驚きです。

30代では7割の人がお尻の悩みをもつようになり、そのうち2割はお尻とウエストの区別がなくなり、四角い潰れたお尻になってきているとの報告がありました。

お尻の悩みはあまり意識していない人もいるかもしれませんが、今から気をつけることにこしたことはありません。
まずはそうなった原因を知り、当てはまっているものがあったら対策をしていきましょう。

(1)お尻のたるみ

たるみの原因はお尻の筋肉が衰えて皮膚を支えられなくなることで起こります。

太ももとの境界付近がたわんできたら、たるみの初期段階です。
鏡でチェックしてみましょう。

また、合わない下着を身につけているとヒップラインが崩れて、たるみやすいお尻になります。
小さすぎてお尻がはみ出したり、大きすぎるとお尻がカバーできずたるみやすくなったりします。

対策として、お尻の筋力アップが効果的です。
後でご紹介するお尻エクササイズをぜひやってみてください。

また、自分のお尻に合う下着を選びましょう。
自分で測るが難しいと感じる人は、下着売り場で測ってもらえます。

お尻のサイズは意外と変わりやすいです。
同じ下着を愛用している人は、サイズが合っていない場合がありますので注意しましょう。

(2)ハリがない

たるみと同じく筋肉が衰えてしまい、弾力が失われている状態です。

運動をして筋力をつけることと、血行をよくすることも大切です。
姿勢が悪かったり、長時間同じ姿勢でいたりすると、血の流れが滞ってしまいます。

(3)お尻が潰れている

長時間座りっぱなしでお尻が圧迫され、潰れてしまった状態です。
お尻の立体感がなくなり、四角いお尻になりやすいです。

デスクワークが中心の人は特に注意が必要です。
下にクッションを置くなどして、長時間の圧迫を軽減しましょう。
また、深く座ったり浅く座ったりと椅子との接触部分をずらすのもよいでしょう。

(4)お尻が固い

お尻が固く、凝っているような状態は血行が悪くなっていて表面が冷たくなっています。

マッサージをしたり、ゆっくり入浴したりして血行を促進しましょう。
そのまま放置すると、腰痛の原因にもなるので注意が必要です。

(4)お尻が大きくなった

脂肪が原因でお尻が大きくなった場合は、食事を見直して運動もしましょう。

骨盤がゆがんでいる人は、姿勢が悪く、足を組んだり、片足立ちをしたり、癖のある歩き方をしている人が多いです。
骨盤がゆがむとお尻が大きくなるだけでなく、ぽっこりお腹の原因にもなりますので、骨盤ケアをしたほうがよいでしょう。

(5)お尻のザラつき、黒ずみ

お尻のザラつきはターンオーバーが正常に働いていない状態です。

黒ずみは汗や汚れなどが皮膚に付着して炎症を起こし、その刺激でメラニンが生成されてできます。
窮屈な下着をつけることもザラつき、黒ずみの原因となりますので気をつけてください。

生活習慣に気をつけて血行を促進することと、清潔な下着を身につけるようにしましょう。

他にも遺伝などの原因も考えられます。

体型が遺伝するようにお尻の形も親と似てきますが、努力次第で変えることができます。

加齢と同じように防ぐことはできませんが、親のお尻の形を見て改善する箇所がある場合には、早めに対策をするとよいでしょう。


【6】3ステップ!テレビを見ながらできるお尻痩せエクササイズ5選

お尻のたるみや凝りなどがあると、お尻が大きく見えてしまいます。
改善するためには血行をよくすることと、お尻の筋肉を落とさないようにすることが大切です。

これからご紹介するお尻痩せエクササイズはお尻のたるみや凝りの改善以外にも、腰痛やウエスト周りのダイエットにも効果的です。

ちょっとした時間があれば、いつでも簡単にできるエクササイズなので、さっそくやってみてくださいね。

(1)ごろ寝からの膝開き

横向きに寝て膝を直角に折ります。
2.上になっている脚を開きます。これを数回繰り返します。
3.反対側も同じようにやります。

(2)骨盤引き締め

1.お尻にキュッと力をいれて、下腹部に力を込めます。
2.数回やったら、元に戻します。
3.これを数回繰り返します。(寝た状態でお尻を上げるともっと効果的です。)

(3)簡単な太陽礼拝のポーズ

1.胸の位置で合掌し、そのまま真上へ腕を上げる。
2.目線を上へ向け、腕を上げたまま少し反り返る。
3.ゆっくり元に戻る。これを繰り返します。

(4)開脚ストレッチ

1.座って開脚します。
2.そのまま体を前へ倒します。(猫背にならないように、背中はまっすぐにしてください)
3.ゆっくり体を起こします。これを数回繰り返します。

(体が硬くて開脚できない人はこちら)
1.しゃがんだ状態から、片足だけ伸ばします。
2.しゃがんでいる側の脚に体重をかけます。
3.元の体勢に戻り、反対側も同じようにします。これを繰り返します。

(5)簡単スクワット

1.脚を開いて手は腰骨に置きます。
2.そのままお尻を真下に下ろします。(猫背にならないように気をつけましょう。)
3.ゆっくりと元に戻ります。これを数回繰り返します。

数回繰り返すところは、自分でやってみて無理のない回数にしてみてください。
無理に筋肉を伸ばすことは厳禁ですし、楽しみながら続けることが1番大切です。
呼吸を整えて、力を抜いてエクササイズしてください。


【7】美尻によい下着とは!?

エクササイズでたるみや凝りを改善しても、お尻に合わない下着を付けているともったいないですよね!?

美尻をキープするための下着はどんなものがあるのかご紹介する前に、下着(ショーツ)の役割についてご紹介します。

(1)ショーツの役割

基本的なことですがショーツの役割は体を清潔に保つことと、ボディラインを保つことです。

ショーツの素材に使われる綿などの生地が、汗や汚れを吸収し発散して肌を清潔に保ってくれます。

生地がよれよれになっているショーツは、汗や汚れを吸収する働きが弱くなっていて下着としての機能が弱くなっています。
あせもなどの湿疹、肌のザラつきなど皮膚トラブルを起こす可能性もあります。
定期的に新しいものと交換するようにしましょう。

ボディラインを保つ働きとして、ショーツはお尻を揺れから守る働きをしています。
お尻の揺れはたるみの原因にもなります。

大きすぎるショーツはお尻の揺れをカバー出来ません。
小さすぎるショーツは血行を悪くしたり、二段尻の原因となったりしますので、自分にあったサイズのショーツを選ぶようにしましょう。

(2)ショーツの種類

実はお尻は視線を浴びやすい場所です。
男性が女性の体で見てしまう部位ランキングでお尻は3位にランクインしています。(ワコール調査)
ちなみに1位は顔、2位は胸です。

お尻の悩みをケアできるショーツにしつつ、スマートなアイテムを取り入れたいですよね。

実はショーツは7つも種類があります。
・ノーマルレッグ 
・ハイレッグ
・ジャストウエスト
・ビキニ
・ローライズ
・ボーイレングス
・ソング(Tバック)

細かく分けるとシームレスやサニタリーなど他にもあり、種類が多いことがわかります。
20代~30代はショーツのラインが見えにくいものを重視する人が多いですが、美尻をキープするためにはそれだけはいけません。

(3)美尻におすすめショーツ3つ

アウターにひびきにくく、たるみなどをカバーしてくれるショーツはいくつかあります。
試しに使いやすいおすすめショーツを3つご紹介します。

・フフfufuメリハリヒップパンツ(ワコール×イオン)
ワコールとイオンの共同開発商品で、ワコール商品にしては価格が2,000円程度と割りとリーズナブル。

お尻のたるみをカバーする素材を取り入れつつ、お腹部分にも当て布が使われていてシェイプアップ効果が期待できる商品です。

デザインはシンプルだけど、ヒップアップパンツにしてはおしゃれな方ではないでしょうか。

スリムウォーク骨盤をきっちり支えるショーツ(ピップ)
脚のむくみケアなどで有名なスリムウォークの骨盤ケアショーツです。

骨盤を支える設計で、骨盤のゆがみをケアします。
こちらもヒップアップ設計とお腹シェイプ設計でアウターにひびきにくい形状です。
価格は1,600円程度です。

キュートラインインナー(インテンス)
通販専用のヒップアップショーツです。

こちらは素材がレースで機能性ショーツと思えないほどおしゃれなデザインです。
価格は1枚3,500円、3枚セット8,800円で販売しています。

骨盤ケアも兼ねているので、サポート力は強め。
ヒップアップショーツでデザインが気になる人におすすめの商品です。

ヒップアップショーツと呼ばれるサポート力の強い下着は、就寝中は血行を悪くする恐れがありますので使わないでくださいね。

まとめ

ヒップケアを意識的にしている人は、あまり多くないのが実態です。
しかしお尻は年齢が出やすい場所であり、つい視線が行ってしまう場所だったりします。

家族に後ろ姿をカメラで撮影してもらったりして、一度自分の後ろ姿をチェックしてみましょう。(一人暮らしの人は合わせ鏡で撮影でもOKです。)

ちょっとした時間にできるお尻エクササイズを取り入れて、年齢を感じさせない美尻をキープしましょう!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧