着物を着てお祝い♡結婚式に着ていくお呼ばれ和装

ドレス・和装

結婚式にお呼ばれしたらどんな服で着ていこうか悩んでしまいませんか?結婚式=パーティドレス……と考えてしまいそうですが、着物で参列するのはいかがでしょうか。

着物は着ているだけで高貴な印象を与えることができ、格式を重んじる式にもふさわしい服装となります。

また、2016年は「着物女子」が流行の兆しをみせており、トレンドをおさえた素敵な着こなしをすることが出来ます。
そこで今回は結婚式に着ていく着物の選び方、結婚式に和装で参加する際の注意点をご紹介します。

1、和装の基本マナー

浴衣、振り袖、訪問着など着物にはたくさんの種類がありますよね。では結婚式にはどのような着物を着ていけば良いでしょうか。着物には格式があります。結婚式に友人として招かれた場合は、正礼装や略礼装の格式の着物を着ましょう。

(1)振り袖

振り袖は独身女性の正礼装です。
振り袖は基本的に未婚であれば何歳でも着用OKとされています。

年齢が気になる場合は振り袖の色柄を落ち着いたものにしたり、未婚既婚問わず着用可な訪問着などにしたりすると良いでしょう。
振り袖には袖の長さで大振り袖(本振り袖)、中振袖、小振り袖があり、袖が長いほど格式が高くなります。

大振り袖は成人式にも着る振り袖のこと。成人式で着た振り袖を結婚式のお呼ばれスタイルとして着る方もいるようです。
大振り袖を着る際の注意点は、花嫁衣装と被らないようにすること。
大振り袖は結婚披露宴で花嫁のお色直しの際にも着られるため、もし花嫁衣装が大振り袖の場合は、格を落として中振袖や訪問着に変更しましょう。

中振袖は大振り袖に準じる独身女性の準礼装です。
大振り袖を着る花嫁衣装とは袖の長さが異なるため、問題なく着用出来ます。
しかし、着物の色柄に注意!花嫁衣装並みの鮮やかな色味や豪華な柄は控えましょう。

小振り袖は大振り袖より一般的に30センチほど短く、お茶会などにも使われており動きやすい振り袖です。
10代などで結婚式に参加する場合はこの小振り袖がおすすめです。

いずれの振り袖を着る際にも、花嫁が着る衣装と被らないか確認しておきましょう。

(2)一つ紋の色留袖

留袖は既婚女性の正礼装です。
留袖には黒留袖と色留袖があります。
黒留袖は既婚女性が新郎新婦の身内として参加する場合に着るものだとされています。

黒以外の留袖である色留袖は一つ紋のものであれば結婚式にゲストとして呼ばれた際にも着用することが出来ます。

五つ紋は黒と同格とされるので、友人として結婚式にお呼ばれされた際には紋の数に気をつけましょう。
不安な場合は未婚既婚問わずに着ることが出来る訪問着や付け下げにすると無難です。

(3)訪問着

正礼装は未婚、既婚で着用する着物が異なりますが、準礼装にあたる訪問着は未婚既婚に関わらず着ることができます。
披露宴の招待客が着ていく着物の中では最も一般的なものです。
また、「花嫁衣装と被らないか心配……」「紋の数って何……?」など、正礼装に不安がある人も簡単に着ることが出来ますよ。
お祝いの席にふさわしい格調高い柄を選びましょう。

(4)つけさげ

つけさげは訪問着同様準礼装として着ることが出来ます。
つけさげは訪問着とは異なり、柄が繋がっていません。

柄が肩の部分と裾の部分で柄が上向きになるようになっており、おめでたい席でも着用することが出来ます。
訪問着と同様に格調高いものを選びましょう。

(5)一つ紋の色無地

色無地の着物は紋の有無で格調の高さが決まります。
結婚式の席では一つ紋の色無地を選びましょう。

無地の着物は地味な印象になってしまう可能性があるので、帯や小物で華やかさを添えたり、色を鮮やかなものにしたりすると晴れの席にふさわしい着物スタイルになりますよ。

2、結婚式に着物を着ていく際の注意ポイント

結婚式のパーティドレスには「全身白のドレスは花嫁衣装と被るからNG」などドレスコードがありますよね。
着物を着る際にも注意しなければならないポイントがあります。
ポイントは3つ!このポイントに気をつければ、結婚式にふさわしい着物姿が叶います。

(1)白地の着物、黒地が目立つ着物は避ける

白の着物は花嫁の色ですから着るのを避けましょう。
この点はパーティドレスを着る時の注意点と同じです。

また黒地が目立つ着物は親族の黒留袖と被ってしまいますので控えた方が良いでしょう。
黒の着物を着る際は、胸元が華やかな柄のものを選びましょう。

(2)花嫁衣装ほどの豪華な生地の着物は避ける

花嫁衣装ほどの華やかな柄のものや豪華絢爛な刺繍が施されている着物地は控えましょう。
あくまで花嫁さんを引き立てるのが列席者の心得です。

主役である花嫁さんよりも目立ってしまうようなことは控えましょう。
その代わり帯や小物使いで華やかにすると良いでしょう。

(3)結婚式にふさわしくない柄の着物は避ける

最近の着物にはいろんな柄があります。古典柄やモダン柄など……。

結婚式にはどちらの柄でも可ですが、結婚式にふさわしくないと思われるような柄は控えましょう。

例えば、カジュアルな印象を与える柄はフォーマルな場である結婚式にはふさわしくありません。
また、黒地ダークな赤、虎柄や竜柄など、晴れの席にふさわしくないと思われるような色使いや柄のものは控えましょう。
上品で華やかな着物を選ぶようにするといいですよ。

3、まとめ

いかがでしたでしょうか。
結婚式に着物で颯爽と参列する女性は素敵ですよね。

着物を着ていくのはハードルが高いと思われる方もいらっしゃるでしょうが、

①着物の格を押さえる、
②3つのマナーポイントを押さえる

という点をおさえれば誰でも素敵に着物を着こなすことが出来ます。

あなたも結婚式に着物で出かけてみてはいかがでしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧