150328

二人らしい結婚式を叶えるために!ウエディングノートのすすめ

ウエディングノートとは、これから結婚式を控える新郎新婦がプランナーとの打ち合わせ内容をメモしたり、お気に入りのウエディングアイテムがあれば雑誌の切り抜きを貼ったりできる便利アイテムで、主にスケジュール管理や結婚式のコンセプトなどの比較検討をするときに役立ちます。

1、どんなノートを使うの?

手作りノート

ウエディングノートはごく普通の大学ノートでも構いません。
イラストなどを描きたいという方は罫線の入っていない自由帳のようなノートを選ぶのもいいでしょう。

便利なのはルーズリーフやスパイラルノートなどの破くことのできるノート。
不要なページを破ることができるので、先輩花嫁からも好評です。

また、軽くてスリムなタイプのものを選ぶと持ち運びに便利。

写真のスクラップを沢山貼付けたい人は大きめのノートを選ぶものいいでしょう。
自分にとって使い勝手の良いものを選びましょう。
手作りノートのメリットは市販のウエディングノートを買うよりも安上がりなこと、そして自分の好きなように自由にウエディングノートを作れることです。

市販のウエディングノート

現在「ウエディングノート」や「ウエディングダイアリー」「ウエディングプランノート」といった名称で花嫁準備に最適なウエディングノートが売られています。

普通のノートを使って手作りでウエディングノートを作るのとは違い、ウエディング準備用にノートが作られているため、ノートの項目に書き込んでいくだけで結婚式準備のたいていのことを網羅することができます。

ウエディングノートによって内容は様々ですが、結婚式の準備が時系列順に沿ってまとめられており「やることリスト」や「チェックリスト」が書かれていて、どの準備段階でどのようなことをすればスムーズかが一目で分かるようになっています。

市販のウエディングノートのメリットは簡単に記入ができることと、読み物としても参考にすることができるところです。

2、どんな風に作るの?

理想のウエディングを詰め込む

雑誌などで気に入ったドレスやブーケ、ケーキ、ヘアスタイルなどの写真を切り抜いて貼付けていくと、理想の結婚式のイメージが出来上がって行きます。

切り抜きをウエディングノートに貼付けて行くうちに、結婚式や披露宴のテーマが浮かび上がってきますよ。
例えばプランナーさんとの打ち合わせの時に活用すれば、言葉では説明しにくいイメージのニュアンスも、切り抜きで埋め尽くされたノートを見れば伝わりやすいはずです!

ブライダルフェアをチェックする

ブライダルフェアとは、各結婚式場で行われるウエディングのイベントのこと。
最近では式場の見学だけではなく料理の試食や模擬挙式、模擬披露宴など実際に結婚式に参加したらどのような感じなのかを実感できるような参加型のイベントが増えています。
ブライダルフェアにウエディングノートを持って行き、結婚式の会場駅から会場までのルートはどうか、会場の雰囲気はどのようであるか、スタッフの対応はどうだったかなどをメモしておくと後々会場を選ぶときに参考にできて大変便利です。

頭の中を整理する

結婚式準備は考えることがいっぱい!気づいたときにメモしておかないと忘れてしまうことも……。
そんなときにもウエディングノートは役立ちます。

見積もり、招待客リスト、親の希望、希望の日取り、内祝いリスト、手続き関係など、各所の調整や複雑な手続きはノートにそれぞれリストアップし、わかりやすくまとめておくと何をすべきかが明確になり、頭の中が整理されます。

準備する段階で疑問が出てきた場合はプランナーさんに確認できるようにメモしておきましょう。

3、まとめ

いかがでしたでしょうか。
ウエディングノートはこだわりを書き留めてプランナーさんに具体的な希望の結婚式のイメージを伝えたり、忙しい結婚式の準備をスムーズにしてくれるのに役立ちます。
ウエディングノートに書き込んでいくうちに「結婚式の準備が進んでる!」という実感を持つことができ、モチベーションも上がることでしょう。

ぜひあなたのやりやすい方法で素敵なウエディングノートを作ってみてくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング