150331

「もしかして俺マリッジブルー?」男性向けマリッジブルーの乗り越え方

マリッジブルーと言えば、花嫁が結婚前に憂鬱な気分になったりイライラしたりといった情緒が不安定になることですが、実はマリッジブルーは男性にも起こるってご存知でしたか?

今回は男性が抱えるマリッジブルーの症状と原因、そしてその乗り越え方についてご紹介します。

1、マリッジブルー診断、いくつあてはまる?

まずは現在自分がマリッジブルーの症状に当てはまっているかを診断しましょう。

(1)自己診断編

結婚を控えているプレ花婿さんでこういう方はいらっしゃいませんか?

・結婚を決める以前よりなんとなく疲れやすくなった
・最近眠れないことが多い
・将来に漠然とした不安がある
・家族を養っていけるか不安だ
・結婚相手の嫌なところが目に付くようになった
・結婚相手とは別のタイプの異性が気になるようになった
・一人で過ごしたいと思う時間が増えた
・自分が結婚相手を愛しているのか不安になる/結婚相手が自分を愛してくれているのか不安になる
・結婚相手との家族との関係がうまくいくか不安だ
・結婚相手が本当の自分を理解していないのではないかと思う

参考元:「マリッジブルー診断

上記の項目に当てはまる方は、男性版マリッジブルーかもしれません。ではどうすればマリッジブルーを乗り越えられるのでしょうか?次は男性がマリッジブルーになる原因に迫り、その解決策をご紹介します。

2、男性がマリッジブルーになる理由とは?

では男性がマリッジブルーになる原因とは何なのでしょう?

(1)家族を支えていく責任感と重圧に押しつぶされそうになっている

昔は家父長制といわれたように、一家の大黒柱たる男性が家族の中で多くの権限を持ち、また家族を率いて支えていくのが一般的な考えでした。

しかし現代では女性の社会進出や男性の育児休暇取得にみられるように家庭の中での男女の垣根はなくなりつつあります。
それでも男性は家族を支える中心人物として「自分が家族を支えていかなければならない」という責任がのしかかってくるのです。

結婚し妻になる結婚相手と、やがて生まれてくるであろう子どもを守ろうと思うばかりに「自分が家族を支えていけるのだろうか……」と不安になることがマリッジブルーにつながる原因の一つと考えられます。

(2)経済的な不安に苛まれている

「家族を支えていく不安」という意味では、経済的な不安も絡んできます。
結婚資金に加え、子供の養育費、新居の費用など、出費が多くなる分心配は募ります。

また、妻が専業主婦になるのか、共働きをするかでも結婚相手と意見が食い違うこともあるようです。

「結婚後、経済的に自立して家族を養っていけるのか……」という不安を抱え込み、憂鬱になったり、結婚を足踏みしてしまうことがあるのです。

(3)自分の自由な時間が減ってしまうのではと心配になっている

独身時代は自由に自分の時間、お金が使え、生活のことに関しても自分のことを中心に考えてきても大丈夫だったのに、結婚をすれば妻になる結婚相手をはじめ、子どもや結婚相手の家族のことも考えなければならなくなります。

そうすると自分の自由が制限されたような気持になり、独身時代のような身軽さが恋しくなることがあります。
既婚者の友人よりも独身者の友人をうらやましく感じたり、結婚のことを考えると憂鬱な気持ちになったりするのはこれが原因のマリッジブルーと考えてよいでしょう。

3、男性版マリッジブルーを乗り越える方法

原因がわかったところで、最後はマリッジブルーを乗り越える方法を考えてみましょう。

(1)我慢をしすぎたり、無理をしたりしない

仕事に追われる中での結婚準備。
結婚相手だけではなく、自分の家族や結婚相手の家族の意見も取り入れながら準備するのは心身ともに疲れてしまうもの。

しんどくなった時は不満を爆発させる前に、結婚相手と結婚準備のことを話し合ってみましょう。

今は自分たちのオリジナル感を出す目的や、予算を削る目的で自分たちでペーパーアイテムなどを自分たちで用意するカップルも増えているようですが、結婚式準備でパニックになっているようであればアイテムを減らしたり、プロにお任せするのもおススメです。

(2)結婚相手のいいところを見つめなおしてみる

結婚を意識すると急に結婚相手の嫌なところばかりが目に付き始めます。
そうなってしまうと、どんどんとマイナス思考になり、「本当に彼女と結婚してもいいのか……」と疑心暗鬼になってしまうことも。

そんなときは当たり前になりつつある彼女の優しさを思い出しましょう。
二人の思い出の写真を見たり、付き合いたての気持ちを思い返してみるのもおススメです。

今まであった自分の幸せな気持ちを思い出せば、いつのまにかマリッジブルーも抜け出せているかもしれませんよ。

4、最後に

いかがでしたでしょうか。

女性のマリッジブルーはプロポーズされてから起こる家族と離れることへの寂しさや新生活への不安であるのに対し、男性のマリッジブルーはプロポーズ前に結婚を決意する際に家族を支えていくことに対して責任を感じ不安になることが多いようです。

一人で不安を抱え、我慢して結婚相手と大喧嘩してしまったり、別れを切り出したくなった人もいるよう。

そうなる前に一度立ち止まって自分の心理状態を知り、彼女のことをもう一度見つめなおしてみてください。
二人の将来に幸せな未来が待っていることをお祈りしております。

今回の記事が男性のマリッジブルーで悩む貴方にとって少しでも支えになれれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング