160505

ウェディングドレスの選び方!あなたに似合うのはどのタイプ?

白無垢も良いけれど、やはり純白のウェディングドレスを着るのは女性の永遠の憧れですよね。

でも、いざドレスを選ぶとなると様々な種類があり、どれが自分に一番似合うのか迷ってしまいます。
まずはウェディングドレスにどのようなタイプがあるのか知っておくと選びやすいですよ。

ここでは大きく5つに分けたウェディングドレスのタイプと、さらに細かい主なドレスの色・素材(装飾)、袖・デコルテのデザインをご紹介します。

1.ドレスのタイプ

(1)Aライン

上半身はタイトに、腰から下はアルファベットの「A」の形になだらかに広がっていくタイプのドレスです。
花嫁の身長や体型、会場の雰囲気を選ばないことから、人気の高いオーソドックスなタイプと言えます。

また、ほとんど装飾のないシンプルなものから、フリルやレースをふんだんにあしらった可愛らしく華やかなものまで、自分の好みにあった様々なデザインを選択することができます。

(2)プリンセスライン

上半身はタイトで体にフィットしており、腰から下がふんわり大きく広がったタイプで、まさにおとぎ話に出てくるお姫様が着ているようなドレスです。
こちらも花嫁の身長や体型は選びませんが、ボリュームがあり会場映えするので華やかに見せたい方、また、フリルやレースが多く使われたデザインが多いため、とにかく可愛らしいドレスが着たい方にお勧めです。

ボリュームは、下に着るパニエにより調節することができます。

(3)マーメイドライン

人魚のように、上半身から膝辺りまでが体にぴったりとフィットし、膝から下は魚の尾ひれのように一気に広がっているタイプです。
くびれやヒップラインが強調されるので、大人っぽく女性らしいエレガントな雰囲気を演出できます。

裾に使われるギャザーやフリル、ドレープの量により、シンプルにも華やかにも見せることができます。
スリムな体型の方、身長が高い方に似合うタイプです。

(4)エンパイアライン

ウエスト切り替えのデザインのドレスが多い中、エンパイアラインは胸下に切り返しがあり、裾に向かって緩やかに広がるタイプです。
ギリシャ神話の女神が着用しているようなドレスで、ナポレオン1世の時代に流行したことからエンパイア(皇帝)ラインと呼ばれています。

スカート部分が多いため、身長が低い方でも高く見せることができます。また、ウエストを締め付けないため、おなか周りが気になる方や妊婦さんに人気があります。

(5)スレンダーライン

全体的にボリュームはなく、上半身からストンと落ちるようなすっきりしたタイプのドレスです。
シンプルで上品なデザインが多いため、スタイリッシュで大人っぽく見せたい方にお勧めです。また、ボディラインが出やすいため、細身の方に良く似合います。
ドレス自体がシンプルなので、ヘア・メイクや小物で自分らしさを演出できます。

2.ドレスの色・素材(装飾)

大まかなタイプが決まったら、次は色や素材を選びます。
まずはドレスの色です。
同じ白色のウェディングドレスでも、大きく分けて純白、オフホワイト、アイボリーの3色があります。
自分の肌の色によって似合う色が変わってきますので、試着してしっくりくる色を選んでみてください。

そして、同じタイプ・色のドレスでも、使う素材(装飾)によって受ける印象も大きく変わります。主な素材(装飾)には下記のようなものがあります。

【シルク】

絹のことで、手触りが良く美しい光沢があり、高級感と優雅な印象を与えてくれます。
細かくはミカドシルク、シルクサテン、シルクタフタなど様々あります。

【レース】

機械で細い糸を撚り合わせて編み上げるクラシカルな印象のリバーレース、その代用品としてよく使われる機械編みのラッセルレース、チュールに刺繍で模様を施したチュールレースなどがあります。
ドレス全体に使うものもあれば、裾やデコルテ、袖口など部分的に使ってあるものもあります。
また、レースの模様によってもイメージが変わります。

【サテン】

シルクやポリエステルを素材とした織物で、なめらかな手触りと高級感のある光沢が特徴です。
華やかでゴージャスな印象を与えてくれます。

【チュール】

ソフトとハードがあり、ソフトはドレスの装飾やベールに、ハードはドレスのボリュームを出すパニエに使われます。
軽い透け感が特徴です。

【オーガンジー】

平織に加工を施して透けて見せる薄い生地で、ドレス本体に重ねて使うことが多いですが、ボリュームがあっても重く見せず柔らかい印象になります。

3.ドレスの袖・デコルテのデザイン

ドレスの袖・デコルテにも様々なデザインがあります。
袖にはキャミソール、タンクトップ、半袖、五分袖、長袖、パフスリーブ、パコダスリーブ、アメリカンスリーブ、フレンチスリーブなど、デコルテにはUネック、Vネック、丸首、スクエア、ハイネック、ボートネック、ワンショルダー、オフショルダー、ビスチェなどです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
一口にウェディングドレスと言っても非常に多くの種類があることがお分かりいただけたかと思います。

まずはドレス全体のタイプを選び、その中で自分の好みや体型・会場の造りや雰囲気に合う色や細かいデザインを選んでいくと決めやすいですよ。
また、イメージと実際に着てみた印象も変わりますので、気になったものは試着してみて、自分だけのとっておきの1着を見つけてくださいね。

関連記事
パーソナルカラーから選ぶ♡あなたにぴったりのカラードレスの見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング