160510

ゲストに絶対喜ばれる結婚式の『おもてなし』 5つ♡

結婚式は二人の新しいスタートであるとともに、育ててくれた両親やわざわざ参加してくれた友人へ感謝の気持ちを伝える機会でもあります。
二人からの心のこもったおもてなしでゲストを迎えましょう。

これさえすれば喜ばれること間違いなし!のおもてなしをご紹介します。

1.待ち時間のおもてなし

実は結婚式って待ち時間が多いものです。

まずは挙式が始まるまで。
ゲストの集合時間は余裕をもった時間で設定されています。

さらに、親族はもっと早くに控え室に入っていなければなりません。
さらに挙式と披露宴の間。新郎新婦は挙式の後、親族との写真撮影やお色直しをるすため、ここでも待ち時間が発生します。

その待ち時間の間、退屈させないおもてなしをしましょう。

思い出の写真を飾る

ゲストの待合室に思い出の詰まった写真を飾ってみましょう。
ゲストはその写真を見ながら思い出トークで盛り上がること間違いありません。

また、部活で使った思い出のボールや楽器、大学の仲良しグループで使っていたお揃いのボールペンなどの思い出の品もあると更に盛り上がります。

親族の控え室には産まれてから現在に至るまでの写真を時系列で貼ってみましょう。
そういえばこの時はあんなことがあった、小さい頃はあんなだったと振り返ることで、心の準備も出来ますね。

ウェルカムドリンク、ウェルカムフードを用意

ゲストは朝早くからドレスアップしたり髪のセットやメイクなどをして来てくれます。
式場でご飯を食べれるのは基本的に挙式を終え、披露宴が開始されてから挨拶や乾杯をした後。

実は挙式が始まってから食べ始めるまではかなり時間があくんです。
これじゃあゲストのお腹もペコペコですよね。
ウェルカムドリンクやウェルカムフードのおもてなしをしてみんなが笑顔で披露宴を始めれるようにしましょう

2.子供や妊婦さんに対するおもてなし

ゲストの中に子供や妊婦さんはいませんか?
子供は長い披露宴の間は退屈で、なかなかじっとしていられないものです。

子供のためにおもちゃを用意

音が鳴らない、散らからないおもちゃを年齢に合わせて用意しましょう。
お母さんは大助かりするはずです。
そのままプレゼントしてあげるとより一層喜んでくれるでしょう。

妊婦さんに膝掛けやクッションを用意

意外と式場内は空調がよく効いているので、妊婦さんには体調管理が難しいもの。
また長時間大きいお腹で同じ体制でいるのも辛いものです。

膝掛けや冷やしたおしぼり、またクッションなどを用意し、体調を気にかけてあげましょう。
また、授乳室や休憩室などを設けるのも素敵なおもてなしですね。

3.一人一人へのおもてなし

呼んでいるゲストそれぞれに合わせておもてなしする事も大切です。

座席表の裏にメッセージを書く

式に来てくれたお礼や、その人に伝えたいメッセージを座席表の裏に書いておきましょう。
もちろん手書きがオススメ。より想いがが伝わりますよね。

お料理も個人で合わせて

苦手なものやアレルギーのあるものは事前に聞いておきましょう。全員が美味しくお料理を楽しんでもらう事もおもてなしのひとつ。
さらに、年配の方にはお肉を小さくカットして提供してもらったり、お箸を用意してもらうのも喜ばれます。

4.サプライズのおもてなし

いろんなサプライズがつまった結婚式って素敵ですよね。
びっくりさせて楽しんでもらいましょう。

当日誕生日のゲストにサプライズ

結婚式当日が誕生日のゲストがいれば、みんなの前で盛大にお祝いしちゃいましょう。
急に会場を暗転させてハッピーバースデーの曲と共に新郎新婦からケーキとプチギフトのプレゼント!なんて記念に残りますよ。

母親や兄妹と退場

バージンロードはお父さんとしか歩けません。
お色直しの退場の時には母親や兄妹を呼んで、一緒に退場してもらいましょう!
腕を組んで仲良く退場すると会場はほっこり暖かくなりますね。

5.最後までおもてなし

ゲストが帰る最後までおもてなしの心を忘れないこと。

退場後に参加ゲストの名前とメッセージを入れたムービーを流す

新郎新婦が退場した後にもまだお楽しみがあれば最後まで楽しめますよね。
オリジナルのムービーを作って2人らしさを演出しましょう。

遠方のゲストには引き出物を郵送

遠くから来てくれたゲストは、かさばる引き出物を持って帰るのは大変です。
あらかじめ郵送の手配をしておきましょう。
少しでも身軽で帰れるととても助かるはずです。

式場周辺のオススメスポットを紹介

式が終わると、大抵二次会をされる方が多いですよね。
だいたい2時間は準備のために間があくので、その間にゆっくりできるスポットを地図にして一人一人に渡すと喜ばれます。
オシャレなカフェや意外と混まない穴場スポット、カラオケに至るまで、二次会まで楽しく過ごせる所を紹介すると良いですね。

まとめ

これであなたもおもてなし上手!
このポイントさえ掴めば、ゲストの方に喜んでもらえること間違いまりません。
一生に一度の結婚式。
おもてなしの心を忘れず、参加してくれる全員の事を考えて、来て良かったと言われる結婚式にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング