参列者の心にのこる引出物の選び方と注意点

ギフト

結婚式の準備に置いて、結婚式に参加された方に贈る引出物は、一人当たりの予算から品物を決めるまで、とても時間がかかり悩んでしまうプロセスです。

以下、カタログギフトやお皿などありきたりのものとは少し異なったオリジナリティがあり、参列者の方の心にのこる引出物の選び方を確認していきます。

結婚式の引出物

結婚式でゲストの方々に送る引出物は、従来であれば食器類やカタログギフト、タオルなどが引出物としては有名どころで定型のものでしたが、時代が経るにつれて「食器類は持ち帰りに重たいし使わない」や「タオルはすでに家にあるので貰っても困る」、「ありきたりで嬉しさに欠ける」という声がアンケートを通じて多く聞かれるようになってきました。

形式に則り、昔からのやり方で引出物を選ぶということもゲストの年代に関係なく当たり障りの無い有効な選択肢ではありますが、一生に一度の大切な人との結婚式、せっかくであれば自分たちのオリジナリティを出してしっかりと考え、ゲストにも自分たちが引出物に込めた想いを感じ取ってもらって喜んでいただき、思い出にものこるような引出物が選べると結婚式を挙げる当人にとってもとても嬉しいものです。
では一体どのような引出物の選び方をすれば自分たちのオリジナリティを出しつつゲストにも喜んでもらえるようになるのでしょうか?

自分たちらしさを出せる引出物

出身地の名産品を引出物にする

一つ目は、自分たちらしさを出せるオリジナリティのある引出物のアイデアのひとつは、自分たちの出身地の名産品を引出物にするということです。

具体的には、新郎の出身地の名産品や特産品を新婦側の参列者の方々に送り、反対に新婦の出身地の名産品や特産品を新郎側の参列者の方々に送るという方法です。

お互いの出身地のものをそれぞれのゲストに送ることで、自分たちの育ったふるさとを知ってもらう、自分のふるさとと相手側のゲストの方々とを繋ぐという意味も込めることができます。

自分たちの引出物に込められた思いや意味も紹介する手書きのカードなどを添えておくと決して手抜きの引出物だとはゲストも感じませんし、きっと喜んでいただけるはずです。

特産品を選ぶ際に注意しておきたいことは、可能な限り食品や日常的に使うものである方が、貰った側からしても使い道があるので貰って困るという可能性も少なく済むということです。
ただし、異なる県や地方出身の夫婦であればこのアイデアを使うことができますが、新郎新婦が同郷出身の方の場合は必然的にゲストの方々も同郷の方がほとんどになるでしょうから難しい方法かもしれません。

渡す方法で自分たちらしさを表現する

二つ目に、品物にだけ着目しオリジナリティを出すのではなく、渡す方法にも演出を加えることでオリジナリティを出すことも可能です。

例えば、ゲストの数だけ同価格かつ異なる種類の引出物を幾つか用意しておき、机の上に並べておきます。
それを一斉にゲストの方に選んでもらうことで自分たちの欲しいものを選んでもらえ、かつ早い者勝ちというスリリングな演出を行うこともできます。

ただし、この方法では人によっては早いもの順で老若男女が公平に引出物を選ぶことができませんし、本当に自分が欲しいものが選べずに満足できなかったと感じるゲストが出てきてしまうというデメリットがあります。

ですので、ビンゴ形式にしてゲームのように楽しみながら引出物を渡すという演出や、新郎新婦や出会いのエピソードにまつわるクイズ大会をして正解した方から引出物を選べるようにすれば、余興としての盛り上がりもあり、ゲストの方も全員で参加していただけるので楽しんでいただけるかもしれません。

自作のカタログギフトを用意する

三つ目に、カタログギフトを自作で制作するというアイデアもオススメです。通常のカタログギフトであれば、5000円の代金を払っても3000円程度の品物しか購入することができません。

しかし、自作のカタログギフトであれば、基本的にかかる費用はほぼ紙代だけですので、その分予算を品物に回すことができますし、ゲストの年齢層や趣味趣向に応じて自分たちで商品を選ぶことができます。

商品の選び方で自分たちのオリジナリティを出すことも可能ですし、手作りでカタログを作ってくれたことがゲストにも伝わり喜んでもらえることができます。

カタログ自体を作るのが難しく、時間もない方には商品の写真とアイデアだけを用意しておき、カタログのデザインは外注にしておけば自作よりも多少予算はかかりますが、原本さえあればあとはコピーするだけなので通常のカタログギフトよりはコストは少なく済みます。

カタログに返信用はがきを添えて後日送ってもらうというのもひとつの方法ですが、式の最中に希望の商品を選んでもらい、帰りに希望を集めることで、後日はがきで連絡をもらう手間も省けます。

後日ゲストの自宅に引出物を発送するので、ゲストにとってはその日のうちに引出物を持ち帰る負担もかからず、ゲストが欲しいものを贈ることができるのでオススメの方法です。

組み合わせも可能

以上、定型的な引出物とは異なるオリジナリティのある引出物や演出のポイントを見てきましたが、これらのポイントを一つだけ使うというルール・決まりはありませんので、組み合わせて複数の引出物を送るということも可能です。

例えば、持ち帰ってもらう引出物には新郎新婦の出身地方の名産品や特産品を持ち帰っていただき、同時に自作のカタログギフトを制作してゲストが本当に欲しいものを選んでもらう方法。

また披露宴の余興的な意味合いも込めて引出物のビンゴ大会を行い、それとは別に簡単な特産品を持ち帰っていただくという方法もあります。

引出物にかける予算がトータルで収まるように幾つかの方法を組み合わせたり、参列されるゲストの方が遠方の方が多いのか、また近くの方が多いのかといったりとした事情も考慮しつつ、臨機応変に引出物の渡し方を考えるのも一つの手です。

オススメの方法は、地方の名産品は一つ1000円から1500円のものを選び、自作のカタログギフトで4000-5000円のものを用意しゲストに選んでいただくことで、自分たちのオリジナリティも込めることができますし、ゲストの方々にとっても重いものを持ち帰る手間がかからず、かつ自分たちの欲しいものをカタログの中から選ぶことができますので合理的なやり方です。

引出物を選ぶ際の3つの注意点

ただし、引出物の品物を選ぶ際に、オリジナリティを出したいからといって守っておかなければならないポイントが三つあります。
それは①新郎新婦の名前入りグッズ、②個人の趣味が出すぎた品物、③持ち運びに困るかさばるものは避けたほうが良いということです。

①新郎新婦の名前入りグッズ

名前入りグッズは、確かに唯一無二の品物ですし、オリジナリティを出すことはでき、一部の親族や仲のいい友人の中には思い出に残るので喜んでもらえる方もいるかもしれません。

しかし、多くの場合名前入りの品物は普段の日常生活で使いづらく、処分の際にも名前が入っているので処分できず困るという声が多く聞かれるのが事実です。
オリジナリティがあり思い出に残るというのはあくまでも新郎新婦側の思いにしか過ぎませんので、受け取るゲストの気持ちを考えることも大切です。

個人の趣味が出すぎた品物

あまり新郎新婦の趣味を入れすぎず、出来るだけシンプルな品物を選んだほうがゲストの方々からは喜ばれやすいです。
ディズニーなどのキャラクターものや、派手な色合いのものは受け取る側からすれば使いづらく貰っても困るケースもあるかもしれませんので、みんなが貰って喜ぶものを選ぶようにしましょう。

持ち運びに困るかさばるもの

公共交通機関を使って遠方から式に参加される方や、ヒールを履いた女性にとっては重たくてかさばる引出物は持ち帰りの際に非常に不便になります。
ゲストによっては、結婚式の後の二次会に参加される方もいらっしゃるでしょうから、式が終わった後の移動がしやすく、持ち帰りも便利なように食器セットや大きくてかさばるようなものは極力引出物からは外すようにするのがゲストへの気配りも見えてベターです。

ギフト

まとめ

結婚式にてゲストの方々に送る引出物は、単なるプレゼントではなく、忙しい中出席してくれた方々に対する感謝の意味が込められたものであると同時に、新郎新婦のセンスやゲストの方々に対する気遣い・心配りが問われる大事なポイントです。

せっかく結婚式で素晴らしい演出ができたにもかかわらず、最後の引出物で失礼があったりがっかりな印象を抱かれては結婚式自体が台無しになってしまいますので、決して受け取ったゲストの方々に失礼のないよう、注意して引出物を選ぶようにしましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。