結婚式

これを知らないと損する?!簡単にできる結婚式節約術を3つ紹介します。

結婚式を挙げる人たちが減ってきたと言われる時代で、コストを抑えた結婚式が人気を集めています。

自分たちの結婚式代を抑えて、新婚旅行や今後の結婚生活の貯蓄に回す、倹約志向な若者たちが増えてきていることが1つの理由です。
一生に一度のイベントなので、最高のものにしたくありませんか?

そこで今回、結婚式の節約方法についてご紹介します。
これから結婚をお考えの方たちのお役立ちになるので、ぜひご参考にしてください。

①人数と日取りで節約する

スマ婚など低価格で設定しているプランは、価格設定に魅了を感じて、見学に行く人が多いですが、実際に話を聞いてみると、あくまでも挙式する為の基本設定の価格であって、後はオプションで上乗せされていき、気付けば想定外の合計金額で、全然安くないじゃないかと思う人もいたでしょう。

じゃあ、あの低価格は嘘なのかと思う人もいるかもしれませんが、決して嘘ということではありません。
披露宴は行わずに、挙式だけを考えている人たちが、決められたパッケージの中で実現する価格なのです。

ここで大事なのが、パッケージ内の人数と曜日です。
この人数と曜日次第では、金額が上乗せされるケースがあるので、事前にプランナーの方に確認しておくことが必要です。
たった1人の違いで、1万円~5万円ほどのオプション料金で合計金額が変わってきます。

また、土日祝や大安、吉日の日は、人気の曜日ということもあり、追加料金が発生する場合があります。
こちらも十分に確認しておく必要があります。逆手にとると、安い日も存在するのではないかと思い浮かべる人もいるかと思います。
式場によっては、平日や仏滅など、挙式を挙げる人が少ない日には、値段を下げて呼び込むところも実際にあります。

チェーンのお店よりも、個人でやっているところの方が、曜日や日付の割引を行っているところが多いので、確認してみましょう。
これだけで、基本プランが1~10万円ほど変わってきます。知らなきゃ損ですよね。

②持ち込めるものは持ち込む

結婚式を挙げるなら、挙式と披露宴を同時に行う人も多いですよね。
これからお世話になる方たちへおもてなしの気持ちを込めて、豪華な料理とともに2人の馴れ初めなど紹介する披露宴は、とても大事なイベントです。

そこでも、節約する方法があることをご存知ですか?持ち込めるものは持ち込むことが、かなりの節約へと繋がります。

プロフィールムービー

披露宴の目玉となる“生い立ちDVD”(プロフィールムービー)は、式場に頼むと、プロの方に製作してもらうので、かなりの金額になります。
それを自分たちで製作すると、コストが相当節約になります。

プロじゃないし、難しいのではと考える人も多いのではないでしょうか。
自宅にパソコンがあれば、撮影した画像を無料ソフトで簡単に編集することができます。
参考:無料ソフト・アプリで初心者でも簡単!結婚式の手作りプロフィールムービー

これなら、自分たちの撮りたかった形が動画になり、コストも抑えることができるので一石二鳥です。
プロのような滑らかな仕上がりにまではならないかもしれませんが、アットホームで心温まるムービーになりますよ。

衣装・ウェディングドレス

持ち込めるものは、これだけではありません。
実は、衣装を持ち込めることもご存知ですか?
式場によっては、グローブ、ビスチェ(ブライダルインナー)、ブーケも持ち込むことができます。

式場でレンタルすると、自分で購入するよりも高いという場合があります。
レンタルなので、使用後はお返ししないといけないので自分の物にはなりません。

それなら、自分で用意した方が良いと思いませんか?
グローブなら、結婚した友人に借りるとコストが無料になります。
これで約5千円の節約になります。

ウェディングドレス専用の下着“ビスチェ”は、結婚式場で買い取りをして使うこともできますが、その後、使う頻度はほとんどゼロに近いです。
確かに、高価なビスチェは、着心地へのこだわりやスタイルアップ効果が期待できます。
でも、あくまでもメインはドレスであり、その下に着用しているビスチェは見えるものではありません。
式場で購入すると2万円~5万円ほどする高価なものですが、インターネットや店舗へ足を運べば3千円台から購入することができます。
また、オークションでも安く購入することができますので、サイズが合えば大変低コストに抑えることができます。

ブーケ

ブーケも持ち込むことができます。
式場でブーケをお願いすると、提携したお店で決まったものの中から選ばなければいけませんが、持ち込なら自由に選ぶことができます。
コストを抑えるだけでなく、自分が本当に欲しかったデザインのブーケを探すことができるのも魅力です。

また、式場で注文した場合、買い取りよりもレンタルの方が安いので、レンタルを選ぶ方が多いです。
でも、持ち込みなら挙式で使用した後も、自分たちで使い道を決めることができるのも嬉しいポイントです。
列席者の方に、感謝の気持ちとしてお土産で渡すと大変喜ばれます。その後の使い道を決めることもできるのが、持ち込みの魅力です。

引き出物・カタログギフトは持ち込み

無事に結婚式を終えた後に、送迎で感謝の気持ちを込めて渡すのが“引き出物”です。
2人のセンスが、引き出物には表れます。
この引き出物は、料理に次ぐといってもいいほど、実はとても重要なのです。

列席者の人たちは、この結婚式が良かったかどうかの満足度の基準として、引き出物を重要視しています。
引き出物に手を抜いてしまうと、自分たちの知らないところで悪く言われている可能性も高いです。

じゃあ、満足する引き出物を用意しようじゃないかと思いませんか?
結婚式場でも、沢山の引き出物が用意されています。
その中から、自分たちのコストに合わせて用意するのもおすすめです。

でも、コストに沿って決めると、本当に用意したかったものを削らなければいけないことも…。
そこで、自分たちでカタログギフトを用意すると、結婚式場よりも安く手にいれることができます。

人数が多ければ多いほど、節約になります。
引き出物も、オリジナル溢れるものを自分たちで用意すると、予算に合わせて幅広いバリエーションのなかから選ぶことができるので魅力です。
量、サイズ、予算、味など考えながら、自分たちが試食しておすすめのものを入れるとオリジナリティ溢れる引き出物として価値が上がります。
どうせ、お金を出して喜んでもらうなら、自分たちが美味しいと思う洋菓子店の焼き菓子や、鰹節、バームクーヘンなどを入れると喜ばれます。
デパートや個人店へ足を運んで注文すると、それだけ引き出物にかける情熱が列席者の方たちにも伝わります。

③サービスの多い式場を選ぶとお得

それぞれの結婚式場によって、独自のお得なサービスを展開しています。
例えば、開業○周年記念のお得な価格プラン、会場を無料でグレードアッププラン、来賓の方に渡すタクシーチケット、ドレスを無料でグレードアップして選ぶことができるなど、そのときのお得なサービスがあります。

このサービスを利用するだけで、何十万もお得になることもあるので利用せずにはいられません。
式場へ行ってプランナーの方に直接聞くことも言いのですが、人気のものだと人数制限が設けられているものもあります。
見逃さずに、インターネットやフリー雑誌などで事前にチェックしておくことが必要です。

本来なら払わないと受けることのできないサービスを提供してもらえるので、非常に満足度の高い結婚式になります。

結婚式

まとめ

いかがでしたか?
これから、結婚式を挙げる人たちは、疑問点が多いと思います。
周囲に聞くことのできる人がいれば情報を聞くことも大切ですが、ゼクシーカウンターへ直接行って、専門の人に尋ねると、最新のお得な情報を知ることができます。
他店とおよその予算を比較することもできるので、そういう施設も活用して、後悔のない結婚式を挙げているくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング