エステ

プレ花嫁のための身支度〜ハレの日を一番美しい姿で迎えるために必要な4つのこと〜

結婚式は花嫁にとって人生で一番綺麗でいたい瞬間。
隣にいる彼にも、ゲストにも「綺麗」と思ってもらいたいという想いは花嫁の普遍的な願いではないでしょうか。

そのために必要なのは自分磨きです。
自分磨きにもいろいろですが、花嫁として綺麗になるためには4つのポイントがあります。
それは「脱毛」「ネイル」「エステ」「歯のホワイトニング」です。
今回はこれら4つを花嫁の身支度としていつから始めればいいのか、どんなことをすればいいのかをまとめました。

1.ブライダル脱毛

ウエディングドレスは露出が多いものが多いですよね。
その時に気になってしまうのがムダ毛。
日頃から自分で処理している方もいらっしゃるでしょうが、背中のムダ毛やうなじのムダ毛は自分では処理が難しいものです。
そんな時におすすめしたいのがサロンで行う「ブライダル脱毛」です。すべすべの肌を手にいれるために考えておきましょう。

1−1.ブライダル脱毛って?

脱毛サロンが提案する結婚式を控えた花嫁向けの脱毛コースのことです。
ウエディングドレスを綺麗に着こなすためにする脱毛ですので、露出が多くムダ毛が気になる部位を選んで脱毛することができます。

1−2.サロンの脱毛にはどんな種類があるの?

サロンで行う脱毛方法は主に3種類です。
ワックス脱毛、針脱毛、光脱毛です。
そこでここでは各脱毛方法の紹介とメリットとデメリットを紹介します。
それぞれのいいところや悪いところを踏まえたうえで自分に最適の脱毛方法を見つけてくださいね。

①ワックス脱毛

ワックス脱毛とはワックスを脱毛したい部位に塗りシートを貼ってワックスが固まったところでワックスごと毛を絡めて抜く方法です。
・メリット:広範囲を一気に処理できる。終わった直後にツルツルになる。肌の負担が少ない。
・デメリット:一時的な脱毛で持ちは3週間ほどしかない。埋もれ毛が出てきてしまう可能性がある。

②針脱毛

針脱毛は、細い針を毛穴に差し込み、その中に電気を流して毛を作る細胞を破壊する脱毛方法です。
・メリット:永久効果が期待できる。白髪や産毛も脱毛できる唯一の方法。
・デメリット:痛みが強い。高額。脱毛後毛穴に赤みが出る。処理にかかる時間が長い。

③光脱毛(フラッシュライト脱毛)

光脱毛は機械を使って脱毛箇所に光を当てて毛根のメラニンを刺激して脱毛する方法です。
・メリット:永久効果が期待できる。痛みが少ない。赤みが出にくい。安め。施術が短期間で済む。
・デメリット:医療機関で行うレーザー脱毛より時間がかかる。

これらの脱毛方法の他にもレーザー脱毛というものもありますが、この脱毛方法は医療機関でしかできません。気になる方はレーザー脱毛を行っている医療機関を受診してみてください。

1−3.いつから始めたほうがいい?

1−3−1.おすすめは12ヶ月(半年)以上前から

痛みが少なく安く脱毛できることで人気の光脱毛を例にあげてお話します。
脱毛効果は基本的には早ければ早いほど出やすいと言われています。

自己処理の手間がなくなってきて“脱毛の効果が現れる”と言われているのは6回目の施術以降。

自己処理しなくても1周間ほどは持ち、毛も薄くなります、また自己処理に比べ圧倒的に肌はすべすべになっています。ですので、脱毛サロンの多くが施術を6回コースからに設定しています。

「それなら毎日通えば6日でできるよね!」と思ってしまうかもしれませんが、残念ながらそれはできません。
その理由は、脱毛サロンは毛周期と呼ばれる毛の生え変わりの周期を利用して脱毛を行うからです。
毛周期に合わせて脱毛すると、だいたいサロンへ通うのは2ヶ月に1回のペースということになります。
それを6回繰り返すには12ヶ月かかることになります。
脱毛の効果をはっきり出したい人は12ヶ月より前からサロンに通い始めるのがおすすめです。

1−3−2.結婚式まであまり時間がないときは

この記事を読んでいらっしゃる方の中には、「もう挙式までそんなに時間がないよ!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな人におすすめなのは「光脱毛で毛量を減らし薄くする+残った毛をシェービング」もしくは「部分的に電気脱毛+残りはシェービング」です。

なるべく痛みの少ない脱毛を選びたいという方には光脱毛がおすすめです。
光脱毛をすると、施術を受けてからおよそ1週間〜10日後に無駄毛が抜け落ちるようになっています。
光脱毛を検討される方は、最低でも結婚式の1周間〜10日前までには施術を受けるようにしましょう。
そうすれば少なく薄くなったムダ毛を少し剃るだけですべすべの肌を手に入れることができます。

挙式までに確実に脱毛を終わらせておきたいという方には電気脱毛がおすすめです。
即効性もあるので結婚式まで時間がない方の願いも叶えられます。
ただしさきほどご紹介したように電気脱毛には一箇所につき処置に時間がかかり、高額なので、脇や肘下など特に気になる部分を決めて脱毛するのがおすすめです。
残りの部分はシェービングすれば、挙式当日は綺麗な肌でドレスを着こなせることでしょう。 

1−4.花嫁が脱毛しておくべき部位は

花嫁が脱毛しておきたい箇所はずばり!脇、背中、腕、うなじの4つ!

脇はノースリーブのウエディングドレスが多いので、気になる箇所の一つですね。
薄着の季節になると真っ先に「脇だけは!」とムダ毛を処理する方も多いのでは?
自己処理ではブツブツと黒ずんでしまうこともあるので、プロの手を借りるのがおすすめです。

ケーキカットやキャンドルサービスはゲストは着席した状態で、花嫁は立った状態でサービスを行います。
その時ゲストの視線は下から花嫁を見ることに……。「脇が気になる……」とヒヤヒヤするより、しっかりムダ毛処理をして綺麗な脇で堂々と振る舞えたら素敵ですね♪

次は背中。
普段は気にする方は少ないかもしれませんね。
体毛も脇のムダ毛に比べ薄いですし、「大丈夫だろう」と思っている方もいらっしゃるのでは?
しかし、パッと見ではほとんど毛が生えていないように見えても、実は渦を巻きながら産毛が生えているのです!
せっかく綺麗なウエディングドレスを着ても、彼やゲストが背中を見てがっかり……とならないよう気をつけたい部位の一つです。

腕も脱毛しておきたい部位の一つ。
肘下だけでなく肩や二の腕の産毛にも注意しましょう。
一番動かし視線が行くのは腕だといっても過言ではないでしょう。
腕のムダ毛処理が終わったら、手首、手の甲、指のムダ毛処理もお忘れなく。
特に写真やムービーを記録に残したいと考えている方は要注意!高画質のカメラは毛穴まで映ると言われています。
後で見返した時後悔しないように、指輪交換などでアップになる腕〜指先を綺麗にしておきましょう。

最後にもう一点花嫁が脱毛するべき箇所は、うなじです。
アップヘアにする人はそのうなじにみんなの視線が集まります。
和装で式をあげる方もうなじは見える部位ですので綺麗に処理しておくようにしましょう。
背中同様にうなじは自分では処理できない部分ですので、サロンでの脱毛をおすすめします。

1−5.脱毛サロンにはいくらかかるか

サロンによって価格は違いますが、大体のお値段は以下のとおりです。コース料金(6回分)で計算しています。
・両脇 5,580円〜15,000円
・背中(上)24,000円〜40,000円
・両ひじ上 24,000円〜42,000円
・両ひじ下 24,000円〜42,000円
・指・手の甲 11800円〜20,100円
・うなじ 12,000円〜25,000円 

見てみると「案外高いな……」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
何箇所も脱毛を考えている方は、お得なセットコースを利用するのもおすすめです。

1箇所だけでなく何箇所も綺麗にしたい!という方はお得なセットプランもおすすめです。
各脱毛サロンはそれぞれ様々なセットプランを用意しています。
時期によっては更にお得なキャンペーンも開催している場合もあるので、ネットでこまめにチェックしてみるといいですよ♪例えば大手脱毛サロン『ミュゼプラチナム』では以下の様なコースを用意しています。

・『お好きな1部位と両脇+Vライン美容脱毛完了コース』1,000円
全身20部位から選べるお好きな1部位と、人気の『両脇+Vライン美容脱毛完了コース』がセットになったコース。両脇がすでにコースに含まれている上にさらに自分の好きな箇所を選べるという花嫁には嬉しいコースです。
全身から選べるのは処理部位の大きさによって1種類か2種類かが選べます。Lパーツには両ひざ上、両ひざ下、両ひじ上、両ひじ下、背中(上)、背中(下)、お腹、胸、ヒップが含まれており、Lパーツは1箇所を選ぶことができます。
Sパーツにはヒップ奥、襟足、トライアングル上、トライアングル下、へそ周り、両手の甲と指、両足の甲と指、両ひざ、Iライン、腰、乳輪周りが含まれており、Sパーツからは2箇所選ぶことができます。

花嫁がこのコースで脱毛するなら、Lサイズから選ぶのであれば、背中(上)、両ひじ上、両ひじ下のうち1箇所を選ぶのがいいでしょう。Sサイズから2箇所選ぶならば、「襟足+両手の甲と指」がおすすめです。

1−6.脱毛サロンで自身に満ちた花嫁姿に♪

花嫁はみんなの注目の的。
360度視線が注がれます。
どんな角度から見られても自信を持って振る舞いたいですよね。
そのためには計画的に脱毛プランを立て、結婚式当日までにムダ毛のない綺麗な肌を手に入れましょう!今すぐ始めればまだ間に合います!

2.ブライダルネイル

指輪交換やキャンドルサービス、花嫁の手紙などで注目されるのが花嫁の指先。
ドレルやお化粧がバッチリでも、爪はスッピン……では残念ですね。やはりネイルをして指先まで美しくいたいものです。
でも忙しい結婚式の準備中、いつネイルをすればいいのでしょうか。

あまりに早くすると爪が伸びてしまったり、剥げてきてしまったりして当日は残念な仕上がりに……。今回はネイルチップ(つけ爪)、マニキュア、ジェルネイル、スカルプネイルの4つに分け、それぞれの持ちと施術をするタイミングをお伝えします。
 

2−1.ネイルチップを使う場合

◎つけるタイミング:挙式当日
◎値段 1,000〜10,000円
ネイルチップとは自爪の上に接着剤で人工のネイルチップを装着するネイルのことです。
ネイルチップは「自分で」「すぐに」「簡単に」つけることができるので、挙式当日につければ一番いい状態で一日を過ごすことができます。
外す時も簡単なので、ネイルNG の職場の方で挙式だけしかネイルできない方や、挙式後すぐにネイルオフしなければならない方にはぴったりです。
コスメストアや薬局、雑貨屋さんにも売っているのでお気に入りのものを見つけることができますよ。

価格は既製のものだと1,000円台からとお手頃。オーダーメイドにすると3,000円台から10,000円くらいになります。
オーダーメイドにしたい場合はネイルサロンに行ってネイリストさんと相談しながら作っていきます。
長さも変えることもできるので長い爪に慣れていない方も短めのネイルチップにすることが可能です。

ネイルチップを使う時の注意点は、外れやすいこと。
水や衝撃に弱く、何かに引っかかったり何かの拍子にはずれてしまうこともしばしば。
挙式当日会場に行く途中で無くしてしまったり、披露宴中に外れてしまったりしたときの対策に予備のネイルチップを持っておくと安心です。

2−2.マニキュア(ポリッシュ)にする場合

◎つけるタイミング:前日
◎値段 300〜3,000円(セルフネイルの場合※ネイルの値段による)2,000〜5,000円(ネイルサロンで施術する場合)
マニキュアは顔料で爪を塗るネイルのこと。
様々な道具は必要なく、マニキュア一つあれば自分でも簡単に塗ることができます。
オフも除光液ですぐにオフすることができ、爪への負担も少ないです。
またネイルサロンで施術してもらっても、ジェルネイルよりも安く済ませることができます。
ブライダルネイルを自分でする場合はネイルカラーするだけではなく、ネイルシールなどを使って華やかにするといいでしょう。

マニキュアをする場合の注意点は持ちが悪いこと。
大体一週間位の持ちだと思っておきましょう。ですので、マニキュアで結婚式のネイルを検討されている方は式前日にするといいでしょう。
カラーを塗ったあとにはトップコートをわすねずに。
トップコートはカラーを綺麗に見せてくれるだけでなくネイルの持ちを良くしてくれる効果もあるのです。

2−3.ジェルネイル

◎つけるタイミング:前日〜1週間前
◎値段:3,000〜12,000円

ジェルネイルは自爪にジェルを乗せてUVライトでジェルを硬化させるネイル方法です。
もちがよくツヤツヤの仕上がりになるので、今や大人気になりましたよね。

自分で施術することも可能ですが、新しく始める人はいろんな道具を揃えなくてはいけなかったり、ジェルを綺麗にのせるのが難しかったりと大変なことも。
ジェルネイルをする人はネイルサロンでプロに施術してもらうのがおすすめです。
ジェルネイルには沢山の種類があり、サロンでは「ブライダルネイル」という花嫁専用のコースも用意されています。
ネイリストさんと相談しながらデザインを決めていくのも楽しいですよ♪相談するときはドレスのイメージを伝えたり、実際にドレスの写真を持っていくのがオススメです。

ジェルネイルをするときの注意点は爪の伸び。
ジェルネイルはマニキュアなどに比べ持ちがいいです。
大体3週間〜4週間くらい持つこともあります。
そのため早めにネイルサロンに行こうと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし2週間を過ぎたあたりから爪が伸びた分、ジェルののっていない根本の爪の伸びが目立ってきます。
3週間目ともなると、かなり目立つようになってきます。
ジェルネイルは早めにネイルができる点がメリットですが、綺麗な爪でいるために、ネイルサロンに行くタイミングは挙式1週間前までにとどめておきましょう。

2−4.スカルプ(スカルプチュア)ネイル

◎つけるタイミング:前日〜1週間前
◎値段:8,000〜15,000円

スカルプ(スカルプチュア)ネイルはつけ爪の一種です。

しかし既に一定の大きさ・形で作られているネイルチップとは異なり、自分の爪の大きさや形に合わせて装着することができます。
そのためネイルチップよりつけ心地がよく、はがれにくいメリットがあります。
また、ジェルネイルでは爪の長さを出すことは難しいですが、スカルプネイルでは長めのネイルにすることもできます。
長さも調整できるので自分の好きな長さに整えることができますよ。

スカルプネイルの注意点は爪が傷みやすいこと。
ネイルをする前に自爪の表面を削るので爪が薄くなってしまうことも。
結婚式の時だけスカルプネイルをする場合には気にならないかと思いますが、普段からネイルをしている人は爪が薄くなっている場合があるので、ネイリストさんと相談しながら決めていきましょう。

2−5.花嫁ネイルで指先まで美しい花嫁に

ネイルは種類によって値段や持ちが異なります。
しかしどの種類でも挙式日ギリギリに施術すると綺麗な仕上がりのまま式を迎えることができます。
希望の日時に施術してもらえるよう、ネイルサロンの予約は早めにしておきましょう。

3.ブライダルエステ

ドレスの試着に行くと、自分の体型にがっかり……という経験をした方いらっしゃいませんか?
素敵なドレスを美しく着こなすために体のシェイプアップは欠かせないものです。

そんな人にオススメなのはブライダルエステ。
ブライダルエステとは、花嫁が結婚式当日にベストな状態で迎えることができるようにする特別なエステのことです。
花嫁の中でブライダルエステをする割合はなんと9割を超えます。
今までエステに行ったことがない人も、人生の晴れ舞台である結婚式に美しくいたいとエステに足を運ぶ人は多いそうです。
エステのコースには痩身、シェービング、フェイシャル、脱毛など多岐に渡りますが、今回はその中でも痩身エステに絞ってご紹介します。
 

3−1.ブライダルの痩身エステとは

ブライダルの痩身エステは基本的に一般的な痩身エステと同じですが、2つの相違点があります。
ひとつ目は、花嫁がドレスを着た時に露出の多い部位(二の腕、背中など)をメインにしたコースが用意されていること。ふたつ目は、結婚式を間近に控えた花嫁のために短期集中型のコースが用意されていることです。

3−2.花嫁がシェイプアップすべきはここ!

個人差はあるものの、花嫁が痩せたいと思っている箇所はある程度絞られています。それは、二の腕、背中、デコルテ周りの3か所です。
どの部分もウエディングドレスを着たときに露出され気になる部分ですよね。

二の腕はブーケトスやキャンドルサービスで目立つ箇所です。
ダイエットしても落ちにくい部分であり、だからこそエステでのシェイプアップはおすすめなのですよ。
今大人気の長袖タイプのウエディングドレスを着ようと思っている方も華奢な二の腕で素敵に着こなしたいものです♪

背中、肩甲骨回りもシェイプアップしたい部分です。
背中は自分では見えずらいですが、ドレスを試着したときにぜひ鏡で自分の後姿をチェックしてみてください。
「背中のお肉がドレスに乗ってる……」と思ったら、迷わずブライダルエステの背中・肩甲骨周りシェイプアップコースを選びましょう。

もう一つチェックしておきたいパーツは意外かもしれませんが、デコルテラインです。
鎖骨周りは特にむくみやすい場所です。
すっきりとした首元に魅せたい方はぜひブライダルエステのデコルテラインをチェック!鎖骨がくっきり出ると、首元、顔がシャープな印象になるのです。
首元すっきり&小顔効果も得らるなら一石二鳥ですね♪

3-3.ブライダルエステはいつから始める?

ブライダルエステには10回コースのものもあれば、短期集中型の1〜2回コースもあります。
どれくらい通えばエステの効果が出るのか、知りたい方は多いのではないでしょうか。

先輩花嫁は結婚式の3ヶ月前くらいから始める人が最も多く、次いで1ヶ月前から始める人が多くなっています。(ゼクシィ結婚トレンド調査2015調べ)

コースプランも1回完結プランもエステの目的に合わせた効果が期待できます。
1回のエステでも血行やリンパの流れが良くなり、肌ツヤが良くなったと感じる人もいます。

ただ、シェイプアップを目的にブライダルエステに行くなら3ヶ月ほど前から通い始めると効果が出やすいといえるでしょう。
予算との兼ね合いも見ながら自分がエステに通う目的に合わせてプランを考えてみましょう!

3-4.ブライダルエステの予算

では実際ブライダルエステはおいくらくらいするのでしょうか。
エステ初挑戦の方は気になるところですよね。

ブライダルエステのプランには大きく分けて全身エステとパーツ別エステがあります。
そして料金も全身コースか部分痩せコースかによって異なります。
当然全身コースのほうが料金が高くなります。
もし露出が気になる部分だけカバーしたいという方は部分痩せコースにするとだいぶお安くなりますよ。

3-4-1.全身痩せコースの予算

エステサロンで全身痩せコースを選んだ場合、予算は大体2万円からになります。
全身に含まれるものは二の腕、背中、デコルテ、足、顔などです。 
ただし”全身”といってもサロンによっては様々です。

顔は別に「フェイシャルコース」としてまとめられているところもありますし、コースの中にシェービングが含まれている場合もあります。
エステしてほしい箇所がコースの中に含まれているか、エステサロンに尋ねてみましょう。

3-4-2.部分痩せコースの予算

エステサロンで部分痩せコースを選んだ場合、予算は大体3千円からになります。
自分が気になる箇所だけエステしてもらって、シェービングは脱毛サロンに依頼するという方法をとれば、すべてエステサロンでやってもらうよりも安く済ませることもできます。

ただ、「脚はいいけど、二の腕と背中、デコルテはやってほしい!」という風に、感化初夏のパーツをしてもらいたい場合はパーツごとに頼むより、セットになったプランがお得になります。
例えば上半身を中心的にやってほしいという方は上半身を中心にしたコースがあります。
上半身コースだと料金は5千円前後。
全身痩せコースよりもお得に気になる部分だけシェイプすることができますよ♪

3-5.エステサロンで式当日一番美しい花嫁に♪

エステサロンというと敷居が高いと感じられますよね。
しかし先輩花嫁が結婚式前にエステに行った割合はなんと9割を超えます。

エステサロンは辛い運動や無理のある食事制限無しに気軽にシェイプアップができるほか、肌のケアもしてくれるので結婚式までにあなた史上一番美しくなれることもできちゃうかもしれません。
また、心身ともにリラックスできるので、忙しい式準備の中の癒しになることでしょう♪

4.ホワイトニング

脱毛もしたし、ネイルもバッチリ、エステも行って準備万端!と思っているあなた!歯のお手入れ、忘れていませんか?
ムダ毛処理やネイル、体型のことは意識しやすくても、意外と忘れやすいのが歯のホワイトニングです。

「芸能人は歯が命!」とはよく言われているものですが、今では一般人にも歯の美白意識が浸透しています。
歯の印象で見た目の印象がぐっと変わるとも言われており、その変化は就活生が面接前に歯のホワイトニングケアをするほどのもの!いかに今皆さんが歯の白さを意識しているかわかりますね。

ですので、結婚式にも歯のホワイトニングはしておきたいもの。
特に結婚式は写真やビデオなどで撮影され、花嫁の姿はずっと残るため、後々「こうしておけばよかった……」と後悔をずっと引きずることに……。

結婚式でおもいっきり笑顔でいられるように、ウエディングドレスの色にも負けないくらい輝く白い歯を手に入れましょう!

4−1.ホワイトニングの種類

ホワイトニングには歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。それぞれメリットとデメリットがあるのでご紹介します。

4−1−1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニングです。
細かい種類はいろいろありますが、一般的には歯の表面に薬剤を塗り、特殊なライトを当てて歯を白くするという方法が主流です。

①予算

歯医者さんでやってもらうホワイトニングの予算は、歯の本数にもよりますが、1本あたり2千円〜1万円ほどです。
上下12本行う場合は2万円〜10万円くらいですね。
薬剤や光照射の値段によって差が出てきますので、詳しくは歯医者さんに相談してみるといいでしょう。

②メリット

・医師が施術するので安全・確実
・短期間で白くできる(2〜4回)
・カウンセリングをしながら治療が行える

③デメリット

・ホームホワイトニングに比べ値段が高い
・むし歯がある場合はしみることがある
・持続性が比較的弱い(3〜5ヶ月)

4−1−2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニングのことです。
ホワイトニング用に作られたマウスピースの中に薬剤を入れ、決まった時間歯に装着します。
ホワイトニングのマウスピースやホワイトニング剤はネットで購入できますが、歯医者さんに自分の歯にピッタリ合うマウスピースを作ってもらい、プロの指導のもと行うのをおすすめします。

①予算

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べ安いです。
1本あたり1,500円ほどで、上下12本であれば2万円〜5万円ほどで白い歯を叶えることができますよ。

②メリット

・自宅で気軽にできる
・しみるような痛みが少ない
・継続すれば持続性が高い(半年〜1年)

③デメリット

・医師の管理のもと行わないとトラブルが起こる場合がある
・白くなるまで時間がかかる(2〜4週間ほど)
・毎日2時間ほどマウスピースをする必要がある

4−2.ホワイトニングはいつまでにするべき?

結婚式を控えた花嫁がホワイトニングをする場合、オフィスホワイトニングなら1ヶ月ほど前から、ホームホワイトニングなら3ヶ月ほど前から始めると挙式日までに理想の白さを目指すことができるでしょう。
自分の現在の歯の白さと理想の歯の白さの差にもよるので、一度歯医者さんにカウンセリングしてもらうのがオススメですよ♪

4−3.輝く白い歯で笑顔に自信を♪

白い歯は彼や親族、ゲストの印象にも残ります。
「清潔感ある人だな♪」という印象を残せたら素敵ですよね。
自分の結婚式を写真やムービーで振り返る時にも「あの時ホワイトニングしておいてよかった!」と思えるように歯も万全の状態で結婚式に挑みたいものです。
白い歯はあなたの笑顔に自信を与えてくれるはずですよ♪
 
エステ

5.まとめ

・ブライダル脱毛:理想は半年前
お急ぎの場合は1週間〜10日前

・ブライダルエステ:理想は3ヶ月前から
1ヶ月でも効果が出ることも

・ホワイトニング:理想は2周間前から
1週間でも効果が出るものも

・ブライダルネイル:理想は挙式日ギリギリ
早くても1周間前

6.さいごに

いかがでしたでしょうか。
今回は花嫁の身支度として「脱毛」「ネイル」「エステ」「ホワイトニング」の4つをご紹介しました。
式当日は誰よりも輝く花嫁で痛いですよね。
きちんと身支度をして納得の行く自分でいれば、自然と自信が出てくるもの。
自信はさらに自分を美しく魅せてくれます。
式までにベストコンディションになれるよう計画的に身支度を整えていきましょう。

そしてなによりどんどん綺麗になっていく自分を感じながら花嫁の身支度を楽しんでくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング