私が体験したプランナー選びと私の決め手だったポイント5つ。

ウェディングプランナー

初めての結婚式、経験もない2人での準備にとまどうことも多く何があっていて何が間違っているのかも分からない、そんな中やはり準備を進めていく中で頼りになったのはウェディングプランナーさんでした。
式場選びの中で同じように私がプランナーさん選びで思った基準をご紹介します。

1.比較することが重要!

私は合計6つの式場を見学しました。
見学はだいたい3時間、プランナーさんがつきっきりで案内をしてくれて、その間に色々こちらの要望やイメージを聞いてもらい最終的には理想の結婚式のプランや、見積もりを出してもらうという流れです。

その為必然的に私は6人のプランナーさんに案内をしてもらうことになり、結果その人達を比較することができました。
この人のここがいい、この人のここは少し合わない等、しっかり多くの中から比較して、自分で納得して選ぶことができたので後々後悔することはありませんでした!

相性はもちろんですが色々なプランナーさんと話をして必然的に違いや自分達との相性を知ることができたのは本当に良かったです。

自分達とあっていると思っていたプランナーさんが次に出会ったプランナーさんの印象でガラリと変わることもありました。

色々な人と出会い、話をしていくことで見えてくることもあるのでやはりたくさんの中から選ぶということは重要だと実感しました。

2.何かあった時に頼れるかどうか?

見学中に気づいたことです。
ある日見学会場への到着が遅れてしまい30分程遅刻してしまいました。

もちろん遅刻した私たちがいけないのですが、担当してくださったプランナーさんは大丈夫ですよといいながらも、時計を気にしている様子、そしてかなり早口での案内でこちらも申し訳ない気持ちと焦ってしまう見学になりました。

ですが、別の日の他の会場では、見学中に彼が披露宴会場においてあるグラスを落して割ってしまったのです。
その時のプランナーさんは男性の同世代の方でしたが、落ち着いた対応をしてくれ、「実は僕もやったことあるんです」なんて冗談を言いながら彼のことを気遣ってくれました。

そして即座にほかのスタッフさんへ支持をしながらその場の片づけをしてくれるというスマートな対応に彼ともども惚れてしまいました。

結婚式当日万が一何かあった場合でもこの人なら安心だなと思ったことを覚えています。

なかなか事件が起きることは珍しいので見極めが難し部分もありますが、要所要所での落ち着いた振舞いやほかのスタッフさんへの態度などを見ているとそういったところが自然にみてくるのでぜひ気にしてみてください。

3.提案力のある人がいい!

見学最後の見積もり作成の段階ではどんな結婚式にしたいのか?やりたい演出はありますか?等、基本質問をしていただくことが多いです。

私はどうしてもガーデンでデザートブッフェをやりたいという要望があったのでそういったことを伝えていくのですが、彼は結婚式にそんなに夢があるわけでもなく、う~んといった感じで基本的に私が受け答えをしていくのが普通でした。

ただ、そんな彼がのりのりで相談に加わった会場がひとつありました!

他の会場との違いは何だったのか・・・
それはプランナーさんの提案力でした。

一通り見学を終えてサロンに戻っての見積もり作成、お疲れ気味の彼でもありましたがプランナーさんの一言に彼が驚いてました。

サッカーがお好きなんですか?!の一言です。
彼はサッカーそれもヨーロッパのサッカーが大好きでよく明け方や夜中にサッカー観戦をしていることがありました。
ただ、それを誰かに言うでもなくだったのですが、彼が最初の入り口でもっていたキーケースについてるキーホールダーを見て気づいたそうです。

それからは彼も前のめりになり、色々盛り上がったのはいう間でもないのですが、演出に関しても色々な提案をしてくれ彼も盛り上がっていました。

私のやりたいデザートブッフェの中に彼が好きなチームカラーのデザートも入れましょう!彼のサッカー仲間の友人とリフティング勝負を余興としてやりましょうだったりと

私の要望にうまく彼の好きな物を取り入れてたくさんの提案をしてくれたことで見学相談の中で一番2人で盛り上がれました。

こちらのやりたいことを聞いてもらうことも重要ですがそれだけでなくオリジナルの提案をして下さるプランナーさんも重要だなと実感しました。

4.私たちが話しやすいということ!

大切な結婚式だからこそやはり、経験豊富でベテランのプランナーさんの方がいいなという思いは最初からどこかにありました。
ただ、それが一番重要でないと気づいた出来事がありました。
私達は20代半で当時色々な結婚式場を見学していました。

そのためどの会場でも基本的には年上のプランナーさんが多く色々と教えてもらうことが多かったのですが、一度とある会場で支配人をつとめる女性プランナーの方に案内していただいたときのことです。

最初の挨拶の時はかっこいいなと思いながら色々なご案内をしていただきながらとても知識抱負で沢山のことを教えてもらいました、ただ見学というよりは勉強会のような雰囲気にもなっており、まるでそのプランナーさんが先生のようにも見えてきてしまいました。

最終の見積もりを作成する段階で色々と要望を伝えていくのですが支配人さんのイメージがあるようで提案を色々してくださるのですが、少しイメージと違ったりという部分もあり首をかしげることもありました、ただ一生懸命、色々してくださったこと、自信に満ち溢れるその雰囲気がゆえにその提案が自分達のイメージが違うと言えない雰囲気になっていました。

彼はほぼだんまりの状態でプランナーさんには寡黙でかっこいい旦那様ですね!なんて言われてしまう状態でした。

知識や経験が豊富で自信に満ち溢れたプランナーさんもすてきで魅力的だと思いましたが、自分達の意見を聞いてもらいやすい雰囲気や言いやすい人であることも重要だなと思った出来事でした。

5.彼とも相性のいい人

最終的にこの会場でこのプランナーさんにお願いしようと決めたポイントはここでした。
もちろん今までに書いてきた色々なことを含めてですが、最終的に3つの会場で迷っていました。
彼は私に決めていいと言ってくれたのでと最終的に迷って一つの会場にしました。
後日彼からどうしてそこに決めたの?ときかれたので理由を伝えました。
「3人のプランナーさんの中であなたが一番楽しそうに話をしていたから」
そう答えると少し驚いていました。

自分で選んでいいよといったけれど、彼の中では私の選んだ会場のプランナーさんがいいなと思っていたそうです。
ちなみにサッカー話で盛り上がったプランナーさんではありません。

女性のプランナーさんは私が打合せ途中にトイレへ行って戻ってきたら彼と楽しそうに話しをしていたのです。
彼は結構人見知りなところがあるので打合せでも口数が少ないこともあり、私が基本的に話をすることが多かったのですが、そんな彼がふつうに話しているのをみて珍しいなと思ったのが印象的だったのです。

これは結果論になりますが、実際に準備を進めていく中で一番たくさんあって、打ち合わせをして準備を進めていくのは
プランナーさんになります。
だからこそ私だけでなく彼との相性も大切にしたことが結果的に準備も順調に進めることができました。

実際に結婚式では彼とプランナーさん協力のサプライズなんかもあり本当にこの人を選んで良かったなと思いました。

garden-photo

まとめ

結婚式は10人10色といいますがプランナーさんも本当に色々な人がいました。
今まで書いてきたことはあくまでも私の基準ですがこれから準備をすすめていくお2人の中で一番頼りになってくるのはプランナーさんです。
お2人ならではの素敵なプランナーさんと素敵な結婚式をあげていただければと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧