お悩み解決!メリットとデメリットから見る結婚式で持ち込みにするべきもの

持ち込み

『結婚式の準備は「持ち込み」をすると節約になる。』

結婚式の情報が錯綜する中で、多くの方がそういった認識をしているのではないでしょうか。決して間違った認識ではありません。しかし全て持ち込みが良いとも限りません。

準備を始める前に今さら聞けない結婚式の持ち込みについてのメリットデメリットを確認して、賢く楽しく準備を進めていきましょう。

1、持ち込みとは

結婚式の準備をする際に、式場から紹介されたショップに注文せず、自分たちで手配したショップや商品を使って準備することを「持ち込み」と言います。

この「持ち込み」、カップルの立場から考えてみれば、式場から紹介された業者や商品が趣味や予算に合わないから他で頼むということですよね。
それは自分たちの理想の結婚式を叶えたいカップルにとっては当たり前のこと。

でも実は結婚式場にとってはあまり喜ばしくないことなのです。

なぜならば、カップルが式場の提携業者を利用した場合、その金額の一部が式場に支払われる仕組みになっています。いわゆるマージンというやつです。
つまり式場にとっては、カップルが「持ち込み」をすると収益が減るため「持ち込み料」をもらって本来見込めたはずの収益の部分を埋めているという事実もあるのです。

そうは言ってもそんな「持ち込み料」について納得しているカップルなんてそう多くありません。
むしろ持ち込み料を払うことで損することが出てくるのでは?そんな心配も出てくるのではないでしょうか?

では、結婚式の準備において特に持ち込みが多いもの、それはドレス・写真・ムービーカメラマン・引き出物・プチギフト・ペーパーアイテム。
これらのメリット・デメリットを改めて確認し、あなたにとって持ち込みするべきものを再確認していきましょう。

2、ドレスを持ち込むメリット・デメリット

まず、持ち込みの部分として一番多くの花嫁を悩ますものがドレスです。
実は提携ショップの品数や質・デザインに不満があって気に入ったドレスを見つけられないというのはよく聞く話。むしろ提携ショップから運命の1着を選ぶほうが至難の技といえるのではないでしょうか。

2-1.メリット

やはり、「気に入ったドレスを着ることが出来る」これに尽きます。

ドレスを持ち込みにしたい理由は花嫁によって様々。
上記にあるように提携ショップに気に入ったドレスがなかった、もともとあこがれのドレスショップがある、有名人が着ていたものが着たい、母から譲り受けたものを着たい、などなど言い出せばきりがありません。

しかし、一生に一度の晴れの日に「最高に気に入ったドレスを着る」ということが何より幸せなことというのは全ての花嫁に共通する想い。
一生に一度の晴れ舞台で着る衣装を妥協できるわけがありませんよね。ドレスに関しては持ち込み料を払ってでも着たいものを着たい!という花嫁がとても多いのです。

2-2.デメリット

ドレスを持ち込みにした場合、多くの式場で「持ち込み料」がかかります。
その金額も見積書を見て驚いた方も多いのではないでしょうか。
式場によりけりですがだいたい1着につき3万円から10万円。

多くの式場がこれを「保管料」と呼んでいます。
その内容として、外部ショップから届いたドレスがシワだらけだった時やほつれていた時に直し管理する費用。ということを強調されます。しかし実際は本当に保管しておくだけの金額となっているのが現実です。

提携ショップで選んだドレスは割高な気もしますが、そこには保管・管理料の他にヘッドドレスやグローブにネックレスなどの小物レンタル料金も含まれていることがほとんど。
節約したい!という理由だけで持ち込みを選択するならば、よっぽど安いドレスを選ばなければお得感はないでしょう。

3、写真・ムービーカメラマンを持ち込むメリット・デメリット

結婚式にはなくてはならない映像演出や写真撮影。最近ではエンゲージメントフォトも人気上昇中です。

3-1.メリット

大きなメリットは費用を安く抑えることができること。

エンドロールやプロフィールムービーにアルバム用の撮影など、これら全てを式場の提携ショップで頼むとだいたい50万円前後が相場です。
そのうち式場の取り分、すなわちマージンは40%から50%にのぼります。
これを持ち込みにすれば持ち込み料を払ってでも確実に20万円以上の節約になるのです。
とことん費用を抑えたいならばもちろん自作に限ります。
しかし「費用を抑えて質は高く」を目指すのであれば持ち込み一択といったところでしょうか。

また、外注にすれば好みのカメラマンに直接お願いすることができる、というのも大きなポイントです。
映像も写真も一生残るもの。
これらはカメラマンのセンスで出来栄えに大きな差が出てきてしまいます。
提携会場では好みのカメラマンを選ぶことはなかなか難しいことも覚えておいてください。

3-2.デメリット

せっかく持ち込み料を払って外注カメラマンにお願いしたとしても、撮影場所を制限されてしまうこともあります。
よくあるのは挙式会場とメイクルームの撮影禁止。
式場の都合からすれば致し方ないことなのかもしれませんが、カップルにとっては全く納得のいかないお話です。

また、提携カメラマンなら撮影場所のベストポジションや式場スタッフとの連携も取れておりその日1日がスムーズに流れやすい場合もあります。
さらに節約したいからといって激安業者に頼むことは考えもの。
つまりは安かろう悪かろうということです。
ムービーや写真が相場として高い理由に「技術力への自信」が現れています。
節約することを重視して業者選びを間違ってしまっては元も子もありません。

4、引き出物・プチギフトを持ち込むメリット・デメリット

引き出物やプチギフトは結婚式の内容と共に新郎新婦のセンスが現れるところ。
引き出物やプチギフト次第で「あの結婚式は良かった」と記憶に残ると言っても過言ではありません。
実際、自分自身が出席した結婚式を思い出してみてください。結婚式の内容よりも「もらったもの」の記憶が濃いのではないでしょうか。

4-1.メリット

どの持ち込みも共通する部分ですが、自分たちらしさが現れるものを自由に選べることが何よりのメリット。

引き出物やプチギフトに関しては、ゲスト自身が自分たちを思って選んでくれた、ということが伝わりやすい部分です。逆を言えば仕方なく妥協して選んだものはゲストにもそんな気持ちが不思議と伝わってしまうのです。

結婚式はゲストを「もてなす」といった意識が強い今、ゲストによって細かく引き出物の種類を変えるのが当たり前。
式場も引き出物・プチギフトは選択肢が増えてきているとはいえ、自分たちらしいオモテナシの形を引き出物・プチギフトで表現するには持ち込まざるを得ない状況になるのです。

4-2.デメリット

ここにも持ち込み料がかかってくる場合があります。
しかも一つにつき300円前後。ということは引き出物・プチギフトの数だけ値段も比例します。
プチギフトの相場は200円から400円ですから、そこに300円前後の持ち込み料がかかるということはなかなか高価なプチギフトに変身してしまうということ。

さらに意外と忘れがちなのはラッピング。
提携ショップで頼めば包装紙も持ち帰る紙袋はもちろん会場全体と統一感が出るものになっていることが多いのです。
持ち込みをすればラッピングもそれぞれ。
持ち帰る紙袋の中で様々な包装紙に包まれたものはなんとなくスッキリしない・・・と気になる方もいるかもしれません。

5、ペーパーアイテムを持ち込むメリット・デメリット

ペーパーアイテムと一言にいっても様々。
招待状にはじまり、席次表にプロフィールブックやメニュー表、メッセージカードなど多くの種類があるのです。

式場に提示された価格はペーパーアイテムながらなかなかの高額。
しかしながら持ち込みにする場合は間違いなく手間もかかってきます。持ち込むべきか業者に頼むべきか多くのカップルが悩むアイテムとなっています。

5-1.メリット

ペーパーアイテムは映像や写真同様、外注もしくは自作することで価格をかなり抑えられる部分と言っても過言ではありません。
招待状・席次表・プロフィールブック・メニュー表・メッセージカード。
これらをシンプルなデザインで式場に頼んだ場合、人数によりますがだいたい70,000円から100,000円ほどかかります。デザインを凝ったものにすればおのずと価格も上がります。
今は手作りが簡単に出来る素材集やテンプレートなどがネットで簡単に手に入る時代。多少の手間はかかりますが、自分たちで手作りしたものには愛着が沸くもの。
当日が一層楽しみに感じる方も多いようです。

5-2.デメリット

まず第一に大変な手間がかかります。
これをメリットととるかデメリットととるかは人それぞれ。
ただ、結婚式の準備というのは思った以上に大変です。
とくに映像演出に関して自作を考えている場合はかなりの負担になってしまいます。

また、家庭用の印刷機ではどうしても質の悪さがでてしまいます。
インク代もバカになりません。例えばもし、80枚席次表を刷ったあと誤字脱字が発覚した・・・などのことを考えると業者に頼んだ方が賢明と考えられるものもあります。
ペーパーアイテムに関しては全て持ち込みではなく特にこだわりたいもののみ持ち込みにする、というのがおすすめです。

持ち込み

まとめ

いかがでしたでしょうか。
とても気に入った式場や契約してしまった会場が持ち込みに厳しいこともあるかと思います。
何よりもまずは契約前に確認することが大切!すでに持ち込みたいものがある場合は契約前の時点で交渉してみるのも一つの手。

そして、持ち込みたいものが持ち込み料を払えば持ち込み可となる場合、持ち込み料を払ってでもそうする価値のあるものなのか一度じっくり考えてみてください。

時代はオリジナル婚がブーム。持ち込みを禁止する式場は嫌われる傾向にあります。
まだまだ持ち込みを良しとしない式場はありますが、なんでもかんでも持ち込みOKなんて式場も年々増加中!
現在では式場側もカップルがわざわざ持ち込みをしなくても済むよう、提携業者の見直しを始める動きも出てきました。

そして何度も言いますが結婚式の準備はなかなか大変なもの。全て手作り、全て持ち込みにしようとする方が負担になってしまう場合もあり、結婚式前に余計なストレスで二人が険悪なムードになってしまうこともよくある話。

提携業者で頼めるものがあるならば「時間をお金で買う」と割り切ってしまうのも賢い選択です。

結婚式はゲストの為はもちろん、多くのお金を出すお二人にも満足感を得られるものでなければなんの意味もありません。
いずれにせよ、式場都合の結婚式ではなく、カップルのためを想った式場が増えてくれることを願うばかりです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。