160818

見落としがちな5つのポイントを抑えて後悔しない式場選びを!!

結婚が決まり、いざ式場探し!!
ほとんどのカップルがチャペルの雰囲気、披露宴会場の雰囲気に惹かれて結婚式場を選ぶと思います。
しかし式場選びで重要なのは会場の景観だけではありません。
実際に結婚式の準備から当日までの体験談を含めて見落としがちなポイントを5つご紹介します。

1.提携している衣裳店

花嫁にとってウエディングドレスはとっても重要ですよね。
結婚が決まる前からこのブランドが良いとこだわりのある方もいると思います。

実は式場と衣裳店が提携している場合が多く、指定された衣裳店からでないとレンタル出来ない場合があります。
自分で気に入った衣裳店を利用すると高額な持ち込み料を払わなければいけないからです。

扱っているブランドは衣裳店によって大きく異なります。
私は式場契約をした後に初めて自分が利用できる衣裳店を知りました。
国内の有名ブランドや芸能人がデザインしたドレスから選びたかったのですが、提携していた衣裳店は海外から輸入したデザインばかりでした。

ウェディングドレスはすぐに決まりましたが、カラードレスがどれもシンプルすぎてしまい好みのものが見つからずに苦労しました。
結婚情報誌などに載っている有名ブランドから選ぶことができずに後悔しました。

もし衣裳にこだわりのある花嫁さんは是非式場選びの時にどこの衣裳店と提携しているのか?も注目してみてください。
また両親が遠方に住んでいる場合、両親が試着するためにこちらに来てもらう必要があります。

しかし全国展開している衣裳店だと両親の住んでいる付近の店舗で対応していただける場合もありますのでとても便利です。
そして衣裳店の方が当日ヘアメイクを担当し、介添えについてくださいました。

当日はプランナーさんよりもこの介添え人の方が一番近くでお世話をしてくださいます。
なのでヘアメイクの好みだったり、気配りなどの相性はとても大切だなと感じました。

2.プランナーさんとの相性

理想の結婚式になるかはプランナーさんにかかっているといっても過言ではありません。
結婚式のイメージが頭に浮かんでいても意外と口にして説明するのは難しいものです。

しかし、プランナーさんとの相性が良ければイメージ以上のものを演出してくれます。
私の場合、式場見学で案内してくださったプランナーさんが準備から当日まで一貫して担当してくださいました。

式場によっては毎回プランナーさんが変わってしまう場合もあるらしいので、このサービスはとても助かりました。
毎回打ち合わせをしていると親近感も湧き当日も頼もしかったです。

提案も高いものばかり進めるのではなく、ここはお金をかけてここは節約したいというこちらの気持ちを汲んだものでした。

おかげでとても良い結婚式を挙げることができました。
結婚式が終わり式場を後にするときはお手紙までいただき感動しました。

式場選びの際は是非プランナーさんにも注目してみてください。
案内してくださった方とは別の方が付く場合もあるので、見学の際に質問してみるとよいと思います。

契約した式場とは別の式場を見学した際は、プランナーさんが産休に入ってしまい途中で変更になると説明を受けました。
仕方のないことですが途中で変更になってしまうのは…とその式場は止めてしまいました。

3.打ち合わせに便利な立地か

式場を決定してから当日まで5回程式場で打ち合わせがありました。
しかし、この打ち合わせはほとんどが平日に行われることが多いんです。
土日は式で忙しいためです。

しかし彼が土日休みの場合や共働きの場合は平日にお休みを合わせることは意外に大変です。
でもせっかくの結婚式なんだから2人で一緒に準備を進めたいですよね。
私は、偶然彼の職場に近い式場を選んでいたのでラッキーでした。

平日に定時で上がってもらっても打ち合わせに十分間に合いました。
もし、これが駅から遠い式場だったり、会社や自宅から遠い式場だったりしたらこうはいきません。

もちろん国内や海外のリゾートウエディングの場合は打ち合わせは1回だけということも多いです。

しかし、装花に演出に席次と決めることは山ほどあります。
リゾートウエディングを挙げた友人にも後悔することとして、プランナーさんとの打ち合わせが少なく、希望通りに出来ない部分があったという話をよく聞きます。

せっかく高いお金を払うんだから結婚式当日だけでなく準備期間も楽しいものにしたいですよね。
打ち合わせでは料理を試食したり、アルコールを出してくれたりする時もありました。

会社終わりにデート気分で打ち合わせを行うことができました。
また打ち合わせ回数が多いとプランナーさんとの仲も深まりますよ。

4.雨天の場合も考慮する

結婚式当日は絶対晴れてほしい!と誰もが思いますが、残念ながらお天気だけはどうすることもできません。
式場見学の際は晴れていてその印象だけで決めてしまうことって案外多いと思います。

しかし、しっかり雨天の場合も想定して見学しましょう。
雨天の場合自分達はおろか参列者は濡れないか?景観が台無しにならないか?が重要だと思います。
チャペルから披露宴会場までの導線に屋根のない場所が存在することも多いです。

傘をさせばよいと思いがちですが、着物で参列している場合は少しの雨でも汚れが気になってしまいます。
もちろんウエディングドレスもですが…せっかくの結婚式にゲストにやな思いをさせてしまうのは嫌ですよね。

特に親戚ともなればあとで配慮がないなど心無い言葉を言われてしまったりもします。
そして花嫁にとって重要なフラワーシャワーやブーケトスが室内に変更になってしまうことも…

他にも素敵なガーデンでデザートブッフェを考えていたのに室内になってしまったなど、当日突然想定外のことが起きてしまうとせっかくの結婚式を楽しめなくなってしまう可能性もあります。
そうならないように式場選びの際に、屋根のないスペースがある場合は雨天の場合はどうしているのか?を質問してみてください。

5.事前に両家のご両親に譲れないポイントを聞いておく

両家への挨拶がすむと結婚式のことで頭がいっぱいになってしまい、つい2人で色々準備を進めてしまい両親のことはおざなりになってしまう場合が多いです。

せっかく2人で納得のいく式場を契約しても後からご両親に口を出されてしまわないためにも事前に譲れないポイントを聞いておくことが大切です。

私の場合は両親の譲れないポイントは親族控室でした。

私達にとっては全くこだわりがなく考えていなかったポイントだったので驚きました。

しかし、両親からすると初めての両家の親族紹介となるのでとても重要なポイントでした。
狭い式場によっては親族紹介はチャペルで行う場合もあるそうなので見学の際に親族控室のチェックも重要です。

他にも式場の近隣に宿泊施設はあるか?式の開始時間は遠方の方に無理のない時間か?など私達では考えつかないことが沢山挙がってきました。

しかし、どれも列席者のことが考えられていて、両親のお陰でとても喜ばれる式を挙げることができました。
また、式場見学の際はそのまま当日に契約した方がお得な特典がつくことが多いです。
事前にある程度式の日程を相談しておくことで当日契約も可能となりますのでおすすめです。
自分達だけでなく両親も納得のいく結婚式にしましょう。

paper

さいごに

後悔しない式場選びのための5つのポイントはいかがでしたか?
一生に一度の結婚式を後悔のないものにするために、是非この5つのポイントを参考にして最高の結婚式にしてください♡
お二人の幸せを心より祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング