花嫁花婿を一番そばで見守るブライズメイド&グルームズマン

その他

「ブライズメイド」「グルームズマン」という存在を皆さんご存知でしょうか?海外の結婚式では無くてはならない定番の存在ですが、日本ではまだまだ浸透中といったところでしょうか。

そこで今回は「ブライズメイド」「グルームズマン」の役割からなりたいイメージ別衣装の選び方、依頼するのタイミング、依頼するときに気を付けるべきポイントまで、「ブライズメイド」「グルームズマン」を余すことなく説明いたします。

「ブライズメイド」「グルームズマン」を知っている人も、まだ知らない人も、結婚式のご準備前やご準備中にぜひお読みいただければと思います♪

【1.ブライズメイドとグルームズマン(アッシャー)とは?】

(1)ブライズメイドとは

ブライズメイドは、もともとは欧米の風習から始まりました。
欧米ではおめでたい結婚式の場にはカップルの幸せを妬んだ悪霊が寄ってくると信じられており、悪霊に誰が花婿と花嫁かわからなくする為、数人の若者――ブライズメイドとグルームズマン(アッシャー)に同じ様な衣装で着飾らせる目くらまし役になったのが由来とされています。

具体的にいうと、ブライズメイドとは結婚式当日に花嫁に付き添う女性のことをいいます。
挙式の時に花嫁のドレスの裾を直したり、指輪交換の時に新婦のブーケやグローブを預かります。
挙式中以外にも受付を頼んだり、ケーキを運んでもらったりすることもあるようです。
仕事は様々ですが、これといって「ブライズメイドはこうしなくてはならない」という決まりはありません。

あくまでブライズメイドもゲストですので、負担がかかりすぎないよう配慮しましょうね。
ブライズメイドは花嫁の友達、姉妹、親族などの中の花嫁と年の近い未婚の女性が務めます。
華やかで可愛いドレスを身にまとって花嫁の側に立つので、結婚式がより華やかに演出できます。

(2)グルームズマン(アッシャー)とは

グルームズマン(アッシャー)とは、ブライズメイドと同じような役割を持つ、新郎につきそう男性の付添人のことを言います。
わかりやすくいうと、ブライズメイドの男性版といったところでしょうか。

ブライズメイドよりも認知度は低いかもしれませんが、ブライズメイドと一緒に必ず登場します。
前述したように、もともとブライズメイドとグルームズマン(アッシャー)は花嫁と花婿の目くらまし役として誕生したため、必ずブライズメイドとグルームズマンはペアになるよう同じ人数を用意します。

グルームズマンの役割には新郎の入場前にバージンロードを広げたり、ゲストをエスコートしたり、パーティの企画をしたりするなど様々なものがあります。
バージンロードはあらかじめ広げてあることが多いものですが、びしっとしたスーツやモーニングを着たグルームズマンが颯爽と現れバージンロードを広げていく様は格好良く、ゲストにとっても新鮮であっと驚かれます。

また、新郎の独身最後の夜を男友達と一緒に過ごすパーティ――『バチェラーパーティ(bachelor party)』を企画する、漢字のような役割を担うこともあります。
挙式中は紳士的にふるまい、披露宴が終わった後は少しリラックス。
新郎といつものようにわいわい過ごしてもらうのもいいでしょう。

【2.どうやってお願いすればいい?】

(1)依頼するタイミング

結婚式が決まったら、招待状を出す前に電話やメール、もしくは直接会うことができればその時に出欠の確認を取るかと思います。ブライズメイドやグルームズマンはそのタイミングでお願いしましょう。

海外ではブライズメイドを依頼する際に『Be my Bridesmaid?(私のブライズメイドになってくれない?)』というメッセージをサプライズプレゼントと一緒に送るという素敵なアイディアもあります。
プレゼントの中身はアクセサリーやメイクアイテム、スイーツなど乙女心をくすぐるものをチョイス♪グルームズマンにはハンカチや当日使ってもらいたい蝶ネクタイなどを入れるのもいいでしょう。
ブライズメイドやグルームズマンは花嫁花婿の一番そばにいる、とても重要な役割を持ちますが、しかし同時に花嫁に一番身近で大切な存在でもあります。
「あなたに頼みたい」という意味も込めて、ブライズメイドやグルームズマンを頼む人の名前をプレゼントに刻印したり、その人が喜びそうなプレゼントを選ぶときっと喜ばれることでしょう。

(2)誰に頼む?

ブライズメイド、グルームズマン共に”こんな人でなくてはいけない”という決まりは特にありません。
一般的には花嫁、花婿の友人や姉妹兄弟に頼むことが多いようです。

人数もブライズメイドとグルームズマンの人数が同じであれば一人でも大人数でも構いません。
一番の親友に頼むのもよし、高校や大学時代の友人、はたまた小さいころから知っている幼馴染に頼むのもおすすめです。

(3)衣装はどうする?

ブライズメイドとグルームズマンの特徴といえば、華やかなお揃いの衣装。
「ブライズメイド」と聞いたらまずこの衣装のことが頭に思い浮かんだ人も多いのではないでしょうか。

ブライズメイドの衣装代は全額負担してもらう事もあるようですが、基本的に日本では新郎新婦が負担するのが一般的です。
「結婚式はゲストをもてなす」という考えが強い日本の結婚式では、こちらから提案した事にご祝儀に加え衣装代まで負担させてしまうのは、あまりよく思われないかもしれませんので注意したいところです。

しかしゲストが持っていそうなものや額が大きくないものなどはゲストに用意してもらたっり、一部負担してもらったりするのもいいでしょう。

(例えばブライズメイドの靴やグルームズマンのネクタイは色を指定すればゲストの持っているものの中からそろえることはできるかもしれません。
また、ブライズメイドのアクセサリーなどこまごまとしたものは指定をせず好きなものを身に着けてもらうと新郎新婦側で負担をすることもなく、またブライズメイドも”お揃い”の中に”その人らしさ”も出すことができるので一石二鳥です)

したがって、ブライズメイドの衣装代は予算と相談しながら決めていきましょう。
そして、あくまで「こちらからお願いしている」ということを忘れずに。
その気遣いがあれば、きっと相手も喜んで引き受けてくれるでしょう。

(4)衣装探しのタイミング

衣装探しのタイミングは招待状を出した頃がちょうどいいでしょう。
一般的には、招待状を出すのは挙式4か月前ほどですので、ブライズメイドとグルームズマンの衣装も大体4か月前には決めたほうがよさそうです。
既成のレンタルドレスであればさほど時間はかかりませんが、オーダーメイドドレスの場合はドレスの作成に時間がかかるので最低でも4か月はほしいところ。
ブライズメイドたちのドレスにこだわりのある方は早め早めのご準備を。

(5)どんなドレスを選ぶ?

結婚式のテーマカラーに合わせてドレスを選ぶのはブライズメイドの王道です。結婚式をより一層華やかにするのはもちろんの事、写真映えも抜群!!お揃いのアイディアも様々で、全員が同じ色や同じデザインでなくても、同じ色で違うデザインのドレスにしたり、同じデザインで色違いのドレスにして揃えるのもアリ。
統一感がありながら個性も出ますし、おしゃれに決まること間違いなし!
衣装選びの際は当日着てくれるブライズメイドと一緒にわいわい相談して決めるのも楽しいですね!きっとブライズメイドも喜んでくれることでしょう。

【3.なりたいイメージ別ブライズメイドのドレスセレクト♡】

(1)オトナなイメージにしたいなら…

ブライズメイドはかわいらしい衣装のイメージがおありの方もいらっしゃるかと思いますが、選ぶ衣装のテイスト次第では大人っぽいイメージにすることも可能です♪
『オトナ婚』がテーマの新郎新婦や年齢的に落ち着いたイメージにしたいと考えている方はブライズメイドにも落ち着きのあるエレガントな衣装を選んでみましょう。
例えばスカートの丈をロングにするのも一つのアイディアですし、色をくすみカラーにしたり、さらりとした質感のドレス生地を選んだりするのも良しです。

(2)カワイイイメージにしたいなら…

「とにかくかわいい衣装がいい!」という方にはひざ丈のドレスやふんわりと裾の広がったドレスを選んでみましょう。
色もブライズメイドそれぞれに別の色を着てもらい、カラフルなドレスにするものいいでしょう。
その際、色のトーンを合わせるとカラフルながらに統一感のある雰囲気を出すことができます。
また、思い切ってドットやストライプなど派手な柄のドレスをチョイスするのもアリ。カジュアルな印象になるので、人前式など厳かな式というよりはみんなでわいわい楽しむライトな感じの式や、レストランウエディングを考えている人におススメです。

【4.小物について】

(1)ブライズメイドの小物

ブライズメイドは花嫁と同様ブーケを持ちます。こちらのブーケも新郎新婦が用意するのが一般的なのです。花嫁のブーケと統一感あるものを手配しておきましょう。
アクセサリーや靴などの細かいアイテムは、そろえるのが大変であれば各自が持っている物でまかなえるかブライズメイドに相談してみるのも手です。しかしその場合は色やデザインを指定するなどしないと全くイメージと違った装いになってしまうので注意しましょう。新郎新婦が考える結婚式の全体的なイメージを共有したり、SNSや雑誌などで見つけたブライズメイドの衣装で思い描いた通りの理想のものがあれば、その写真をみせるのも具体的なイメージを共有するのに役立ちそうです♪

(2)グルームズマンの小物

グルームズマンに用意するのは主にタイとブートニアの2点です。
タイとブートニアはブライズメイドとお揃いの者にすると統一感が出て素敵です。
タイは色をそろえて柄を別の者に変えるのもおしゃれ。
ネクタイでも蝶ネクタイでも構いませんので新郎新婦の好みで選んでもいいでしょう。

グルームズマンの衣装についてはモーニングが一般的ですが、スーツでも可。
衣装をグルームズマンの方で用意してもらえそうであれば、スーツの色や柄、靴などに統一感を持たせるように具体的なイメージを伝えておきましょう。

【5.ブライズメイドのドレスショップと値段について】

ブライズメイドのドレスは専門のドレスショップがあるほど充実しています。
レンタルもできるので7000円ほど~とお値段もお安く済むことも♪
ブライズメイドドレスのインターネットショップもあるのでスマホで気軽に覗いてみては?
テイスト別で探せたり、色別で探せるのがインターネットサイトのいいところ。
ほとんどのサイトが店頭で試着できるサービスも備えているほか、遠方でショップに来られない場合は試着ドレスを送ってくれるサービスがあるショップもあるようです。
式直前になって「サイズが合わなかった」「似合わなかった……」などという悲劇がないようにこのようなサービスを利用してみるといいでしょう。

【まとめ】

花嫁花婿を一番そばで見守り、2人の未来に立ち会うブライズメイドとグルームズマン。
大切な人に囲まれて挙げる結婚式は、きっと2人にとってもブライズメイドたちにとっても一生忘れられない時間になることでしょう。
どうかみなさまが大切な人たちと素敵な時間を過ごせますように……♪

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧